GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2018-05

フェースターン

今回はフェースターン(リストターン)はどこでどうするのか?ということについてです。

フェースターンは多くのゴルファーは無意識でやっている動きだと思います。
スライスやダフリ、ブッシュアウトで悩んでいるゴルファーの参考になればと敢えて取り上げてみました。

私はフェースターンはダウンスウィング初期にすべきだと思っています。

その理由は
ゴルフスウィングは身体のターンと腕の上げ下げで出来ている
 インパクトエリアで腕を横に振ることはない
インパクトはクラブの自由回転に任せた方が再現性が高い
という二点からです。

バックスウィングで手(腕)は右肩の前・頭の高さまで挙がります。
この時右肘が畳まっていくことで両腕には右回りの動きが少し起きます。
腕の右ロールです。
これによってクラブフェースは構えた状態より少し開きます
この開いた分をインパクトまでに戻さないと真っ直ぐ飛ばす事は出来ません。

で、いつ戻すかです。
インパクトエリアはクラブの自由回転に任せた方が再現性は高くなります。
ですから力の出し方と一緒で、切り返し直後・インパクトエリアに入る前にロール戻しを済ませれば良いということになります。

右ロール量自体それ程大きなものではありませんから、大袈裟にする必要はありません。
トップでクラブの重さを感じている人差し指の基節骨(掌に一番近い骨)で、切り返し直後に少しクラブをロール戻ししてやるだけです。

 文章にすると難しいですね。
 きっと理解してもらえないかもしれません。

正面を向いたまま直立し、クラブを持って両腕を肩の高さに挙げ、コックを90度作ります。
腕を軸にヘッドが円弧を描くように両腕を右ロール・左ロールをさせて見て下さい。
右ロールすれば右手人差し指の基節骨に重さを感じます。
その重さを右手人差し指の基節骨で押し返してやればロール戻しが起きます。
ほんの少しです。

ダウンの初期に身体の力をひとまとめにしてインパクに向かって打ち終わる、この時にこのロール戻しも加えてやります。
全てインパクトエリアに入るまでに済ませます。

初体験

昨日は2ヶ月に一度の休業日でした。
いつものように半日はゴルフです。
雨の予報もあったのですが、幸い陽も射す好天に恵まれました。

カートでティグランド近くの練習グリーンへ。
お客様から頂いたボールが有ったので、きょうはこれを使ってみようかとポケットに入れ、パターをバックから抜こうとしたら…。
パターがない。

いつもパターはラウンド後バックから抜いているのです。
ラウンド前日にボールをチェックして、パターを入れてという段取りなのですが、入れ忘れたのですね。
ゴルフ人生初のパターなしセット。(笑)

カミサンが貸してくれるといったのですが、それではプレーが遅くなるだろうし。
マスター室へ戻って借りるということも考えたのですが、未調整のパターでもストレスが溜まるだろうし。
ローカルルールでパター以外は禁止なのでしょうが、グリーンを痛めないUTで18ホールラウンドしてきました。

ラインを出すのも、距離をあわせるのも難しかったです、UTでのパッティング。
打っても打ってもショートです、ロフトが多い・ヘッドが軽いからでしょうね。
ラインも合わせにくいし。
3パットの連続、バーディチャンスについたホールもことごとく3パットのボギー。
それでもゴルフは楽しいのだ。(笑)


自分のクラブを握るのは前回ラウンドした2ヶ月前以来。
スタートホールのパー5、まずまずのティショット。
セカンド地点に行ってみるといつもより結構飛んでいた。
サードショットもいつもよりグリーンに近い。
数ホール回ってみてもやはりいつもよりティショットが飛んでいた。
後で気が付いた、きょうはボールが違うんだと。

会社に戻ってからカタログを見てみたら「ディスタンス」の表示。
だからか。
それにしても随分と違うものですねぇ。

パッティングやアプローチでのフィーリングが変わるのを嫌がってボールは変えたくない派なのですが。
ミスショットでも今までの距離、しっかり当ればその分飛んでいる。
パターでパッティングしてないのでその辺の感覚はまだ分かりませんが、こんなにも違うと考えてしまいますね。(笑)

調整は練習にはならない

しばらく練習が出来ない状態から、何度か続けて練習が出来る状態になって、
「感覚が戻ってきたかもしれません。」と帰り際にお客様。
「良いですねぇ、練習出来て。私なんかいつ練習したままか?」と私。
「やっているじゃないですか、調整で。」
というような会話だったのですが、調整は練習にはならないのですね。

回転時のバランス調整は、バランスが狂っているクラブを打球して良い状態へと調整するのです。
狂っているクラブは打ちにくい・スウィングもギクシャクする、なのです。
良い状態になればその番手はそれで終わりで、また狂っているものを打つ、これの繰り返しです。
良い状態のクラブをショットしている割合は10分の1にもならないのです。
だから調整は練習にはなりません。


明日は「重い・硬い」をフルセット調整します。
硬いのはまだ苦になりませんが、「重い」は少し堪える年齢になってきています。
気合を入れねば。(笑)

矯正ドリル

インパクトに向かって強く打とうとすると、どうしても腕や手・上半身に力が入ってしまうゴルファーの為の矯正ドリルです。

niho.jpg


トップへ上がる直前に左足を半歩前に踏み出します。(1)
しっかりと左脚で受け、クラブをインパクトに向かって強く振ります。

体重が右脚に残ってフィニッシュしてしまうゴルファーは、更に踏み出した左足の前に右足を踏み出してフィニッシュします。(2)

この素振りを何度か繰り返し、ボールを打つ時は左足を踏み出したつもりでボールを打ってみて下さい。

インパクトに向かって強く打つ

回転時のバランスを調整してあるクラブをお使いのゴルファーは
「インパクトに向かって強く打つ」ことです。

インパクトに向かって」打ち終える。
ボールを置いて構えをとります。
クラブの変わりにサッカーボールほどの大きさのボールを持つか、持っているイメージで、
テイクバックをとりゴルフボール目掛けてそのボールを投げます。
ゴルフスウィングのインパクトエリア以前にボールを放さなければゴルフボールに当てる事は出来ません。
力を入れるポイントは切り返し直後です。
投げ終わったらその動きの流れでフィニッシュします。

回転時のバランスが適切であればインパクトはクラブの自由回転で、打点もフェースの向きも良い状態に戻ります。

強く打つ
強く打とうとすれば人間の身体は無意識で大きな筋肉を使います
フットワークも自然に起きます。
「強く」はインパクトでではありません、インパクトに向かってです。
結果クラブがインパクトで強く打ってくれます。
強く打つことでスウィングを作り上げれば、軽く打つ時もバランスの良いスウィングになります。


回転時のバランスが悪いクラブを使われているゴルファーは、インパクトをクラブの自由回転に任せるとそのクラブの悪い癖がはっきり出ます。
そして番手によってその癖も違うので、同じような球筋を打つためには個体差を抑え付けるインパクトが必要になります。
身体にも負担が掛かります。
高速回転しているクラブのインパクトを、癖の違うどの番手でも同じようにする事は至難の業です。
だからゴルフは難しくなります。

 | HOME |  Next »

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード