FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-04

顔の向きを変える

最近は少なくはなってきたようにも思いますが、
「ボールを良く見て」「ヘッドアップしないで」というアドバイスがあります。
そうすると視野の中央でボールを見がちです。
打った後もしばらくボールが有った所を見続けているゴルファーもいます。

前回の記事でも書きましたが、人間の体には動きに制限があります。
顔の向きを全く変えずに左右へのターンを十分にすることは難しいです。
無理にしようとすれば身体にも負担が掛かります。

顔の向きが変わることと首根っこの軸がずれることは同じではありません。
軸をずらさずに顔の向きを変えることは十分に可能です。
むしろそうした方が伸び伸びとスウィング出来ますし、身体にも優しいのです。

動きの制限

ベンチに腰掛けて、クラブを持たずに胸の前で腕組みしてテイクバックの上半身の動きをしてみます。
背骨には関節がないので少ししか右は向けません。

次にクラブを持ってすると、胸は右を向けないものの一応トップの真似事は出来ます。
これは肩甲骨・肩・肘・腕のロールなどの動きで起きるものです。
構えた位置よりヘッドは大きく開いて上半身より右へずれます。
こうした胸が右を向かないトップからボールを打てば、身体の開きが早くなりスライスが出やすくなります。
すると身体の動きを止めて腕でヘッドを振る動きになって行きます。

次に回転する椅子の後ろ側に腰掛け、腕組みして椅子も骨盤で右回転させながらテイクバックをスタートさせれば、楽に右を向けます。
クラブを持って同様のことをしてみると、ヘッドの位置のズレや開きが少なくなることを感じ取れると思います。

身体には動きに制限があります。
骨盤を動かさずに胸を右に向けることは出来ません。
テイクバックの右ターンは、右膝を軸にした右大腿部の少しの右回りの回転と、右股関節を軸にした骨盤の右ターンがあるから上半身が右を向けるのです。

顔の向きも同様で、正面に向けたままよりは少し右に回転(チンバック)した方が楽に右を向けます。
bs.jpg


片手

片手一本で素振りをする、あるいはボールを打っているゴルファーを見かけます。

左腕一本の素振り、腕・クラブはフィニッシュまで行っているのに身体はまだ正面近く、というゴルファーが多いです。。
その身体の位置から右手を伸ばしてもクラブを掴むことすら出来ません。
どう見ても身体の動きとシンクロしているようには見えません。

腕は上下・左右・前後と可動域の大きな部位です。
ですが両手を組むとその可動域は限定されてきます。
限定されてくるから大きく振ろうとすれば、身体もまた動かさなければならないのです。
クラブは両手で握っているから身体とのシンクロが取りやすいのだとも思います。

クラブは片手で振るのには重過ぎますので、余計な力みも生まれます。
どうしても片手で素振りをしたいのであれば、逆さに持つ。
グリップを持つ場合は余っているもう片方の手で力こぶ辺りを持って、身体とのシンクロをとる。
などした方が良いでしょうね。

両手で握っているからこそ発生する動きがありますから、お薦めはやはり両手で振る・打つことですけど。

道具で物を打つ

金槌で釘を打つ。
ちょっと思い出してみて下さい。

先ず最初にすることは、釘の先を少し打ち込むこと。
手首を使わずに前腕と金槌の柄を一つのレバーにして行います。
これはゴルフスウィングでいうワンレバーのスウィングです。
パッティングやチップショットのボールを転がす腕の使い方です。

釘の先が少し入って安定したら、次は肘を曲げ手首も曲げて金槌を振り上げ振り下ろして釘を打ちます。
これはゴルフスウィングでいうツーレバーのスウィングです。
ボールを上げて飛ばすショットの腕の使い方です。

ゴルフのスウィングでは片手ではなく両手でクラブを持ちますし、ボールを横に飛ばすので、この腕の使い方に身体の横の動き(ターン)が入ります。

釘を強く打ち込むために力はいつ使うのか?
それは金槌を振り下ろす時です。
釘に当たる瞬間ではありませんよね。

トップで釘の頭目掛けて金槌を振り下ろす、

金槌を使って釘を打つこともクラブを使ってボールを打つことも、道具を使って物を打つことに変わりはありません。
道具に仕事をさせないと良い結果は得られません。

インパクトの瞬間にフェースをコントロールしたり、その瞬間に力を出したりしているゴルファーは多く見られます。
インパクトに向かって力を出し終える、あとは道具の仕事です。

動きの中ですべきこと

スウィングでの動きはバックスウィングとダウンスウィングに分けることが出来ます。
私はインパクト・フォロー・フィニッシュは結果だと思っています。

バックスウィングの目的は良いトップを作ることです。
良いトップとはボール目掛けてクラブを発射できるトップです。
力んでトップを作るとダウンで最大の力を発揮できません。

バックスウィングは右軸(右足首と首根っこを結んだ軸)を中心に上体(骨盤から上)を右に向けることでスタートします。
捻る意識は必要ありません。向きを変えてやるだけです。
胸・腕・クラブの位置関係を変えずに軸を中心に前傾の中で右を向く。
クラブは半分ほど動いていきます。
自分ですることはこの辺までです。
後は動き出したクラブが慣性で、右肘のたたみ・右ロールが起き、トップへと向かいます。

バックスウィングの前半、これが自分でしなければならない動きです。
ボールを打つために力を出すのはダウンスウィングですから、力んでトップを作ることはマイナスです。

ダウンスウィングで自分でしなければならないこと、それはインパクトに向かってクラブを発射することです。
インパクトエリアに入るまでに自分の仕事を終わらせるのです。
前回の記事で書いたように良いクラブと良い構えがあれば、インパクトエリアではクラブが勝手に良い動きをしてくれます。
そこで自分が出しゃばると良い結果は得られません。
インパクトエリアに入る前に身体全体の力でボール目掛けてスパっとクラブを振ることです。

どこから動かそうとか、どこをどう使おうとか一切考える必要はありません。
そうしたプログラムはすでに私たちの体には備わっているからです。

ダウンの初期にボール目掛けてスパッとクラブを振り終え、あとはクラブに任せてフィニッシュへ辿り着く。
フィニッシュは結果です。
良いフィニッシュを作ることがスウィングの目的ではありません。
フィニッシュはスウィングのバロメーターにはなりますが、それが目的ではありません。
目的はクラブヘッドでボールを打つことです。

スウィングの中で自分がすべきことは、バックスウィングの前半とダウンスウィングの前半だけです。
良いクラブと良い構えがあれば自分がすべきことはそれで十分です。
あとはクラブが良い仕事をしてくれます。

 | HOME |  Next »

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード