FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-10

力み(りきみ)

クラブでボールを打つ、それがゴルフです。
道具を使って物を打つ、特にゴルフで妨げになるのが「力み(りきみ)」です。
手・手首・腕の力みがあると道具を使い切れません。
例えば金槌で釘を打つことを想い出してみて下さい。
手・手首・腕に力みがあると上手く打てませんね。

「手の力み」
グリップを握る力加減です。
グリップはグリップエンドが一番太いテーパー状になっています。
グリップに掛かる力は引っ張り力ですので、軽く握っても抜けません。
左手だけでクラブを握り、右手はシャフト中央程を持ち、右手でヘッド方向、グリップ方向に力を加えてみて下さい。
ヘッド方向に力を加えた時は抜けず、グリップ方向では抜ける(ずれる)位の力加減です。

小指側3本でしっかり過ぎる、などと言う方もいらっしゃいますが、傘を差す時にどの指に力を入れかを意識はしません。

手に力が入る原因の一つが握り方にもあります。
掌、小指側の手首に近い膨らみをグリップの真上に乗せること、これで人差し指とこの膨らみで支点・力点が出来、クラブを支えられます。
左手の甲が目標に正対する位置よりやや右回りになり、スクエアグリップになります。

「手首の力み」
手首に力みがあるとヘッドを振ることが出来ません。
コック・リリースができにくくなり、自然なリストターン(ヘッドターン)が出来なくなります。
へその高さでクラブを垂直に持ち、重さで右回りに落としてみて下さい。
ぐるりとヘッドが回転していくようなら大丈夫です。

「腕の力み」
クラブを振るためには腕の力も必要です。
ですが、力んでいては良い動きになりません。
真っ直ぐに立ち万歳をするときのように腕を挙げます。
肘は軽く伸ばします。
真上少し手前で止めます。
力を抜いてみましょう。
腕はその重さで落ちてきます。
落ち切っても前後にぶらんぶらんと動いている筈です。
次に少し勢いを付けて振り下ろしてみます。
重さだけで落とした時よりもスピードは上がります。
どの辺で力を加えたら楽にスピードアップ出来るのか、落ち切った後のぶらんぶらんが継続するのか、を感じ取りながらやってみて下さい。
最適な力を入れるタイミング、腕を振る感覚が解ると思います。


これらの力みはスウィングが良くならないだけでなく、ゴルフ障害にも繋がります。
手の力み=ばね指、手首の力み=腱鞘炎、腕の力み=ゴルフ肘などです。
お身体を大切に、ゴルフを楽しみましょう。

フォロースルーやフィニッシュ

バックスイング、ダウンスウィングと来たら次はフォロースルー、フィニッシュの身体の使い方、と思われた方は残念でした。(笑)

フォロースルーやフィニッシュは結果であり、目的ではないのでクラブに任せて逆らわずに動いて行って、楽な姿勢で終われば良いだけです。

前回サッカーボールや枕を投げることを書きました。。
フォロー・フィニッシュを意識して投げる人はいません。
目的はそれではないのですから。
目標に投げたら後はその流れでフォロー・フィニッシュをすれば良いだけです。

ただフォロースルーやフィニッシュはスウィングの良し悪しの判断にはなります。
構え・バックスイングそしてダウンスウィングの結果が表れるのが、インパクトでありフォロースルーやフィニッシュです。

スウィング、特にダウンからフィニッシュは一瞬の出来事です。
プロの分解写真やスローな動画を見て、動きの中の一コマ一コマを一瞬の中で真似ることなど不可能です。
それをやろうとすれは瞬発力も落ちますし、再現性も高まりません。

インパクトエリアはクラブがしてくれる領域です。
インパクトエリアに入るまでに自分がするべき仕事を終わらせ、後はクラブに仕事をしてもらう。
良い構えと良いトップが出来れば後は打つだけです。
その結果良いインパクトが出来、良いフォローやフィニッシュも出来ます。

スウィングの目的はクラブでボールを打つことです。

ダウンスウィング

今回はダウンスウィングはどんな動きなのか、というお話です。

ゴルフの構えをとります。
クラブの代わりにサッカーボール位の大きさのボールか、なければクッションまたは枕を用意します。

ゴルフの構えをとり、クラブの代わりに両手でボールを両わきから持ち、ボールを投げるのですが、
投げる目標ははスウィングタイプで違ってきます。

ピン方向へ投げるタイプ、もう一つは地面のゴルフボールの方向へ投げるタイプです。
これは良し悪しの問題ではなく、スウィングタイプの違いです。

目標にボールを投げてみましょう。

このボール投げの動きを「難しい」という方はいません。
数回すれば誰もが良い動きをし、目標に投げられます。

より遠くへ(前者)、あるいはより強く目標にボールを投げようとすれば、身体のターンもそれなりに使うようになるでしょう。
腕・手の力感も感じ取ってみて下さい。
前回の記事でバックスイングの身体の動きを書きましたが、このボール投げでも動きは同じになります。
どう動かそうとか考えなくても、目的意識を持てばそう動かすことになるのです。

「ゴルフって難しい」と思う前に、別の似たような動きをやってみる。
動きそのものに難しさはありません。
後はボールや枕をクラブに持ち替え、慣れるだけです。

ただ構えだけは良いものをしっかり身につけて下さい。



スウィングタイプについて
スウィングタイプは一つではありません。
分類の仕方はいろいろあるかもしれませんが、今回はダウンでの目標から二つに分けました。
身体の使い方・力を出すタイミングも少し異なりますが、それも目的(目標)が違うから、違いが出てくるだけです。

バックスウィング

「ゴルフって難しい」
ドライビングレンジに居ると良くお客様から聞かされる言葉です。

ある程度の年齢になれば、歩く・走ることが無意識で出来るように、ゴルフのスウィングもそんなようなものです。

今回はバックスウィングでの身体の話です。

先ずは足を広げ真っ直ぐに立ちます。(前傾はとりません)
自分の真後ろに人が立っていると思って下さい。(実際に立ってもらえば尚良いですが)
その人の顔を右回りで振り向いて見て下さい。

何の問題もなく・何も考えずに出来ますよね。

胸はほぼ90度右を向き、スウェイもない筈ですし、右脚での受け・股関節での受けもしっかりと出来ている筈です。
左足はというと踵がやや浮き気味で、圧も右足に比べ随分と抜けてつま先に移動しています。
これがバックスウィングでの身体の動きです。

ゴルフのスウィングでは股関節から前傾をしてこれをします。
顔は真後ろに向けたのではボールを見失いますから、視野の中で見ていられる程度にします。
ただそれだけの違いです。

フェースターン

インパクトエリアでのフェースターンは自分ですべきか否か、というお話です。

結論から先に言えば、私はする必要はないと考えています。

しなくても結果そうなるからです。
但し、その為には準備が必要です。

一つは、インパクトエリアでのクラブの自由回転で、フェースが自動的にターンくれる構えを作ることです。
その為には適度なハンドダウンの構えを作れば良いのです。(シャフトと背骨が直角の構え)
適度なハンドダウンがあれば、インパクトエリアでの手の軌道は、ヘッドの起動よりアップライトになります。
この軌道差・手が身体に近くなることで、自動的にフェースターンを生んでくれます。

二つ目は、回転時のバランスを調整すること。
インパクトエリアで何もしないということは、その部分をクラブの自由回転に任せるということです。
回転時のバランスを調整がされてないクラブでは、インパクトで戻る位置・フェース向きが皆同じにはなりません。
回転時のバランスの個体差で変わってしまいます。
同じようにスウィングすれば番手によって打点・球筋・打ちやすさは変わってしまうということです。
インパクトエリアをクラブに任せるには、良い仕事をしてくれるクラブが必要です。
それが回転時のバランス調整です。

ヘッドスピードはインパクトで最大になります。
その一瞬の最大スピードの所でいつも同じようなフェースの向きに合わせるなど至難の業です。
クラブを加速させる時期に力を使い切り、インパクトエリアはクラブの自由回転に任せる、それが再現性の高い道具の使い方です。
当たる瞬間に力みがないので、身体にも優しいのです。

 | HOME |  Next »

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード