GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2018-05

フェースターン

今回はフェースターン(リストターン)はどこでどうするのか?ということについてです。

フェースターンは多くのゴルファーは無意識でやっている動きだと思います。
スライスやダフリ、ブッシュアウトで悩んでいるゴルファーの参考になればと敢えて取り上げてみました。

私はフェースターンはダウンスウィング初期にすべきだと思っています。

その理由は
ゴルフスウィングは身体のターンと腕の上げ下げで出来ている
 インパクトエリアで腕を横に振ることはない
インパクトはクラブの自由回転に任せた方が再現性が高い
という二点からです。

バックスウィングで手(腕)は右肩の前・頭の高さまで挙がります。
この時右肘が畳まっていくことで両腕には右回りの動きが少し起きます。
腕の右ロールです。
これによってクラブフェースは構えた状態より少し開きます
この開いた分をインパクトまでに戻さないと真っ直ぐ飛ばす事は出来ません。

で、いつ戻すかです。
インパクトエリアはクラブの自由回転に任せた方が再現性は高くなります。
ですから力の出し方と一緒で、切り返し直後・インパクトエリアに入る前にロール戻しを済ませれば良いということになります。

右ロール量自体それ程大きなものではありませんから、大袈裟にする必要はありません。
トップでクラブの重さを感じている人差し指の基節骨(掌に一番近い骨)で、切り返し直後に少しクラブをロール戻ししてやるだけです。

 文章にすると難しいですね。
 きっと理解してもらえないかもしれません。

正面を向いたまま直立し、クラブを持って両腕を肩の高さに挙げ、コックを90度作ります。
腕を軸にヘッドが円弧を描くように両腕を右ロール・左ロールをさせて見て下さい。
右ロールすれば右手人差し指の基節骨に重さを感じます。
その重さを右手人差し指の基節骨で押し返してやればロール戻しが起きます。
ほんの少しです。

ダウンの初期に身体の力をひとまとめにしてインパクに向かって打ち終わる、この時にこのロール戻しも加えてやります。
全てインパクトエリアに入るまでに済ませます。

矯正ドリル

インパクトに向かって強く打とうとすると、どうしても腕や手・上半身に力が入ってしまうゴルファーの為の矯正ドリルです。

niho.jpg


トップへ上がる直前に左足を半歩前に踏み出します。(1)
しっかりと左脚で受け、クラブをインパクトに向かって強く振ります。

体重が右脚に残ってフィニッシュしてしまうゴルファーは、更に踏み出した左足の前に右足を踏み出してフィニッシュします。(2)

この素振りを何度か繰り返し、ボールを打つ時は左足を踏み出したつもりでボールを打ってみて下さい。

インパクトに向かって強く打つ

回転時のバランスを調整してあるクラブをお使いのゴルファーは
「インパクトに向かって強く打つ」ことです。

インパクトに向かって」打ち終える。
ボールを置いて構えをとります。
クラブの変わりにサッカーボールほどの大きさのボールを持つか、持っているイメージで、
テイクバックをとりゴルフボール目掛けてそのボールを投げます。
ゴルフスウィングのインパクトエリア以前にボールを放さなければゴルフボールに当てる事は出来ません。
力を入れるポイントは切り返し直後です。
投げ終わったらその動きの流れでフィニッシュします。

回転時のバランスが適切であればインパクトはクラブの自由回転で、打点もフェースの向きも良い状態に戻ります。

強く打つ
強く打とうとすれば人間の身体は無意識で大きな筋肉を使います
フットワークも自然に起きます。
「強く」はインパクトでではありません、インパクトに向かってです。
結果クラブがインパクトで強く打ってくれます。
強く打つことでスウィングを作り上げれば、軽く打つ時もバランスの良いスウィングになります。


回転時のバランスが悪いクラブを使われているゴルファーは、インパクトをクラブの自由回転に任せるとそのクラブの悪い癖がはっきり出ます。
そして番手によってその癖も違うので、同じような球筋を打つためには個体差を抑え付けるインパクトが必要になります。
身体にも負担が掛かります。
高速回転しているクラブのインパクトを、癖の違うどの番手でも同じようにする事は至難の業です。
だからゴルフは難しくなります。

パッティング練習

バックスウィングを取らないバッティングの練習方法を記しておきます。
自宅の練習マットでの方法です。
一般的なマットの半分の距離から始めて下さい。

打ち出したい方向に直角にパターフェースを合わせます
パターフェースの合わせ方は、目標からボールに向かって直線をイメージし、それに対し直角にフェースを合わせます。
目標からボールに向かってというのが大事です。

バックスウィングを全く取らずにフォロースルーだけでカップインさせます。
フェースは目標に直角に合わせてありますから、次はフォロースルーの出し方が大事になります。
パッティングはワンレバーのスウィングですから、クラブ・腕・胸を一体にストロークします。
軸は首根っこです。
(鈴木愛プロが棒を腕と胸の間に挟んで練習していましたが、参考になりますね。)
フェースが目標に直角に合っていてもライン上にボールを打ち出せない場合は、このストロークの仕方が間違っています。
どうしたらラインにボールが出せるか、動かし方をこのストロークで練習します。
ライン上にボールを出せるようになったら、その時のフィニッシュを覚えておいて下さい。

次はほんの少しだけバックスウィングをとり、先ほどのフィニッシュまでストロークします。
そして徐々にバックスウィングを大きくしていきます。
最終的にはバックスウィングとフォロースルーの比率は1:1.5程度になるようにします。
(小さいフォロースルーはインパクトで余計な力が入りフェースの向きが狂いやすい)

通常の練習マットなら最長の距離でもバックスウィングなしでもカップインさせられます。
練習して見て下さい。

ラウンドでのパッティングでは、バックスウィングを取らないとペナルティになります。
これはあくまで練習方法です。

スライス矯正ドリル

前回の記事で結果をなぞる動作をする事でスライスボールが出ることをお話しました。
ストレートラインもしくはフックゾーンでヘッドを振ることが出来ればスライスは矯正できます。
今回はその為のドリルを紹介します。

普通に構えます。
次にそのままの手の位置で手首を左手の親指方向にコックします。(約90度)
ヘッドはお腹の高さくらいまで上がります。(赤丸)
その状態から素振りするのですが、インパクトでヘッドはお腹の高さ(赤丸)を、グリップはアドレスの状態を通過するようにします。
最初はゆっくりとヘッドの通過する位置、腕の動きを感じ取りながら、そして徐々にスピードを上げます。
コックを終始維持しないと高い位置を通過させる事が出来ないので、普通のスウィングよりコックを維持する力が必要です。

プリコック


スライスボールを打っている時とはかなり感覚が違う筈です。
腕のロール戻しは早い段階でしないといけないし、身体の動きより早くヘッドを振らないと高い位置を通す事は出来ません。
この素振りは前回の記事でのフックゾーンを振ることになります。

この素振りでヘッドを振る(振り遅れない)感覚を養います。
このドリルでは終始手首のコックも維持したままですが、感覚が掴めて来たら手首の力を普通に戻せばヘッドは地面まで下りてきますからボールが打てます。
高い所をヘッドを通した時の感覚を大事にしてボールを打ってみて下さい。





 | HOME |  Next »

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード