FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2018-10

右を向く

バックスウィングで「捻転とか捻る」とか言う言葉を耳にします。
でも背骨には捻転という機能は僅かしかありません。

そうした意識でバックスウィングをとっているゴルファーの多くは、腕のロールと肩甲骨の動きでトップをとっています。
そうすると左の背中に張りを感じられるので、捻っている感覚は得られますが、クラブヘッドは開き、胸から右へ大きく外れます。
右ターンの量が少なくなる分、ダウンに入れば身体の開きが早くなり、且つ十分にインサイドからクラブを振ることも出来ません。

捻るのではなく骨盤を含めた上体の向きを前傾の中で右向きに変える、という意識が必要です。

倉本プロ

前回の記事での軸について語っている動画があったので載せておきます。
倉本プロのです。
「軸は背骨、首が起点」と言っているのも興味深いですね。



百害あって

バックスイングの軸は、背骨をイメージする人、右足首から首根っこの直線をイメージする人、それぞれでしょう。
良くないのは頭(額)や目を軸にしてしまうケースです。
「ボールを良く見て」・「頭を動かさないで」というアドバイスを真に受けてスウィングしているゴルファーです。

前回の記事のイラストを参照してください。

背骨は上半身の後ろ側にあります。
そこを軸に右回転すれば頭はやや右に動きます。
目とボールの距離も遠くなります。
内臓は背骨の前側にありますから、背骨を軸に右ターンすればその重量は右足側に掛かります。
右での受けが出来ます。
ダウンでは左足の方へ重さが移動していきますから、身体の重さも含めたインパクトが可能です。

頭(額)や目を軸にしてしまうケースでは、
上半身の左サイドがボールに近づき、上半身の重さは左足に掛かり、右サイドは伸び上がります。
その状態からダウンに入れば右足側に重さが移動し、左サイドが伸び上がることになります。
正しい動きとは真逆です。
ダフリ・トップが出やすくなりますし、うまく打てても軽いインパクトにしかなりません。


先ずは「ボールを良く見て」・「頭を動かさないで」というアドバイスを忘れましょう。
目とボールの距離はバックスウィングでは離れていきます。
頭も少し右に移動します。
顔の向きもボールの方を向けておくより、バックスウィングに合わせて少し右に回していった方が、上体のターンもしやすくなります。
視野の左サイドでボールを見れれば何の問題もありません。

打球した後もボールの有った所を見続けているゴルファーもいますが、
早めにクラブヘッドがインサイドに抜けていきますし、首を痛めることにも繋がります。
「ボールを良く見て」・「頭を動かさないで」という意識のスウィングは一利も生みません。

回転軸

回転軸位置

A、B上段は頭上から見た構えのイラストです。
濃いグレーが頭、薄いグレーは肩を示しています。
飛球方向は左側です。
赤い点は回転軸を示しています。
Aの回転軸は背骨、Bの回転軸は額、もしくは両目の中心と思って下さい。

下段は回転軸を中心に90度右ターンした時のイラストです。
トップの位置になります。

トップで、Aは回転軸の右側に上半身が移動し、Bは左側に移動しています。

ここからフィニッシュの位置まで回転軸をキープして180度左ターンすれば上半身は、
Aは中心軸の左側、Bは右側に移動することになります。

Aは正しいイメージのテークバックです。

Bは頭を動かさない・ボールを良く見るというイメージのテークバックです。
回転軸が額や目に来るため上半身は左へ移動し、
体重は左足に掛かり、上体の右側は伸び上がります。
フォローからフィニッシュでは上半身は右側に移動し、
右足に体重が残り、、上体は左側が伸び上がります。


ティを打つ素振り

ティを打つ素振りを繰り返す。

インパクトで正確に打ちたいが為の素振りでしょう。

そうしたゴルファーに多いのがインバクでヘッドスピードが減速していること。
ヘッドの位置やフェース面をインパクトの瞬間で意識すれば当然そうした動きになりがちです。
飛距離は落ちます。
正確にヒットし、且つ飛ばそうとすればインパクトで力が入ります。



小さい頃にしたブランコの立ち乗りを思い出してください。
どこで漕ぐのか。
降り切った所ですか。
そうではありませんね、後ろに上がりきってからの落ち始めの時です。
身体の重さ(重力)も使えるからです。
落ち初めにグイッと漕いだら後は流れに任せるだけです。

トップで腕に力みがなければ重力で腕とクラブは降りてきます。
降りてくるその時に振り下ろす力を使い切れば楽により加速できます。

インパクトで余計な事をしなければいつも構えた位置にヘッドは戻ります。
ゴルフではボールの所でヘッドを構えています。
最初から当たる所で構えているのです。



ティを打つ素振りはお薦めしません。
素振りでは構えたらヘッドを少し浮かせてしましょう。
そして風切り音が大きく出る素振りをしましょう。

ダウンの初期に力を使い切れば大きな音が出せます。
フォローやフィニッシュなど意識する必要はありません。
勝手に取れます。
もちろんインパクトもです。

インパクトに向かって強く打ち終える(振り終える)、それが速く正確にヒットするコツです。

 | HOME |  Next »

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード