FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2018-08

ティを打つ素振り

ティを打つ素振りを繰り返す。

インパクトで正確に打ちたいが為の素振りでしょう。

そうしたゴルファーに多いのがインバクでヘッドスピードが減速していること。
ヘッドの位置やフェース面をインパクトの瞬間で意識すれば当然そうした動きになりがちです。
飛距離は落ちます。
正確にヒットし、且つ飛ばそうとすればインパクトで力が入ります。



小さい頃にしたブランコの立ち乗りを思い出してください。
どこで漕ぐのか。
降り切った所ですか。
そうではありませんね、後ろに上がりきってからの落ち始めの時です。
身体の重さ(重力)も使えるからです。
落ち初めにグイッと漕いだら後は流れに任せるだけです。

トップで腕に力みがなければ重力で腕とクラブは降りてきます。
降りてくるその時に振り下ろす力を使い切れば楽により加速できます。

インパクトで余計な事をしなければいつも構えた位置にヘッドは戻ります。
ゴルフではボールの所でヘッドを構えています。
最初から当たる所で構えているのです。



ティを打つ素振りはお薦めしません。
素振りでは構えたらヘッドを少し浮かせてしましょう。
そして風切り音が大きく出る素振りをしましょう。

ダウンの初期に力を使い切れば大きな音が出せます。
フォローやフィニッシュなど意識する必要はありません。
勝手に取れます。
もちろんインパクトもです。

インパクトに向かって強く打ち終える(振り終える)、それが速く正確にヒットするコツです。

片手打ち

右手一本、左手一本でのショットの練習。
私も昔やっていた時期もありましたが、今はまったくやらなくなりました。

やらなくなった理由です。

〇クラブは片手で持つと重いです。その分腕に余計な力が入ります。
〇もう一方の手で上腕を掴むなどすればまだましですが、身体のターンとのシンクロがしにくいです。
 (腕の動きだけになりやすいです。)
〇ゴルフスウィングは両手をずらしてグリップしています。
 このずらして握ることでしか起きない動きがあります。
 片手で同じ動きを起こすことには無理があります。
 片手でやろうとすれば両手でしていたことと違うことをしなければなりません。

片手打ちをするボール数は、両手で持ってピッチショットのハーフスウィングにまわした方が、良いスウィングが身に付くのではないかとそう思うようになったからです。。

腕は斜め縦に振る

前回適度なハンドダウンがインパクトエリアでのフェースターンを自動で起こすというお話をしました。
今回はそれに付け加えて腕を縦に使うことの重要性をお話しします。

他人のスウィングを正面から見ていると、手を横に振っているように見えます。
検証してみましょう。

トップをとります。
腕をそのままにして身体を正面に戻します。
手はどこにありますか。
頭の高さ・右肩の前ではないですか。
ということは腕は構えた状態から右斜め上方へ動かしたということです。

インパクトは当然構えた位置に手は戻りますから上げた位置から左斜め下へ振ったということです。
同様にフィニッシュから身体を正面に戻せば手の位置は、頭の高さ・左肩の前です。

手(腕)は上体の前をVの字を描くように斜め縦に振り上げ振り下ろし、その反動で左斜め上に上がっていったことになります。

前回適度なハンドダウンで構えることがフェースローテーションを自動発生させるとお話ししました。
ですが手を横に振ると、グリップの位置を十分に身体の中へ引き込めないので、クラブフェースをターンする力は弱まります。
その結果自分でリストターンしたり、しゃくる動きでヘッドを走らせようとしたりしてしまいます。
手を横に振るのは身体のターンの役目です。
腕は斜め縦に振りましょう。

その為の練習方法です。
先ずは身体をターンさせずに腕をVの字に斜め縦に振ります。
次に少しだけターンを入れ同じように腕を斜め縦に振り、徐々にターンの幅を大きくしていきます。
最終的にヘッドはVの字から円弧に変わって行きますが、腕はあくまで斜め縦の縦振りです。

ピッチショットでのミス

ショットは大きく分けるとボールを上げるショットと、転がすショットに分けられます。
転がすショットに入るのはパッティングとチップショットです。

スウィングで言えば、上げるショットは2(ツー)レバーのスウィング、
転がすショットは1(ワン)レバーのスウィングです。

ツーレバーのスウィングは手首のコック・アンコックが入ります。
腕とクラブが手首を軸に二つのレバーになるので、ツーレバースウィングです。
そして身体全体のターンが入ります。

ワンレバーのスウィングは手首のコック・アンコックが入りません。
腕とクラブがひとつのレバーのように動くので、ワンレバースウィングです。
ターンするのは上体だけです。

上げるアプローチショット(ピッチショット)は、ツーレバーのスウィングです。
振り幅が小さくても振り幅に見合った身体のターンが入ります。
振り幅が小さいからといって腕だけの横振りでこれをしようとすると、いろいろなミスが出ます。

軽いものを速く振る素振り

重いもので素振りをしているゴルファーは良く見かけます。
素振り用のバット、あるいはアイアンを2本持ってとか。
竹箒なども振れば重いものに入ります。

重いもので素振りするメリットは
大きい筋肉を使うようになる、筋力が付く。
デメリットは、腕に力が入り過ぎる、振り遅れる。

たまにクラブを逆さに持って振っている人も見かけますが、軽いもので素振りをしている光景はあまり見かけません。
軽いもので素振りをするメリットは、
力まず速く振れる、振り遅れない、身体とクラブのシンクロが取りやすい、などでしょうか。

クラブの逆さ持ちだとシャフトだと細すぎるので、ホームセンターなどで握りやすい1メートルほどの木の丸棒を購入するか、
使い古しの長箒の柄だけを切り取って使っても良いでしょう。

軽いものを速く振る素振り、お薦めします。

 | HOME |  Next »

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード