FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-12

ボールを打つということ

ゴルフのスウィング、特にダウンスイングでの身体の動きについて事細かに分割し一部を意識して練習することは、良い結果に繋がらないと私は思っています。

例を挙げれば

「ダウンスウィングでのタメ」
ダウンスウィングで右ひじを絞り込むことでタメを作る。
これは意識して絞り込むのではなく、結果として絞り込まれるものです。
トップへクラブが上がって行く、大きな力を出そうとすれば無意識で足元から動き出し左ターンが始まります。
そうした動きで結果右ひじがより畳まれタメが出来ます。
一瞬のダウンスウィングで意識してタメようとすればヘッドが遅れリリースが間に合わずスライスが出るのは当たり前です。

「インパクトエリアでのフェースターン」
良い構え、適度な前傾・ハンドダウンの構えが出来ていれば、手の軌道とヘッドの軌道の違いから勝手にフェースターンは起きてしまいます。
勝手に起きることを意識してインパクトの瞬間に力づくでしようとすれば、ダウンスイングはコンマ数秒の世界ですから、トップからリストターンすることを意識しなければ間に合いません。
手や腕に力が入ります。
その結果、足元から順序良く動き出す自然な動きが阻害され末端から動かすことになり、大きな力も出せずタメも出来ず、アウトサイドインの軌道で振ることになります。
インパクトの瞬間に力づくですることは再現性も低くなります。

「フォロースルーで左ひじの畳み」
「大きなフォロースルー」
「数秒間静止していられるフィニッシュ」
これも自動でそうなることであって、自分で意識して行うことではありません。
スウィングの目的はクラブでボールを打つことです。
打った後を自分で作ることを目的にすれば、打つという行為が疎かになります。
フォローやフィニッシュはスウィングの良し悪しを判断するバロメーターにはなりますが、それをすることが目的ではありません。

他にもありますが代表的なのを幾つか例に挙げました、。


ダウンスイングの一コマ一コマの形は、良いスウィングでは「そうなっていた」という、後付けでしかありません。
道具を使って物を打つ動きは、自分の中に既にプログラミングされています。
それを引き出すのが良い構えです。
良い構えが出来れば後はクラブで強くボールを打つ(叩く)ことを思えば、オートマチックに良いスウィングが出来てしまいます。

どの番手でも良いショットを同じスウィングで打ちたいのであれば、全ての番手で回転時のバランスを調整してあげれば良いのです。
優先順位としてはこちらが先ですが。

同じスウィングをさせてもらえない回転時のバランスに個体差のある14本のクラブで、良い構えをとらず、ボールを打つということを忘れ、一瞬の身体の動きに気を取られていては、「ゴルフって難しい」から抜け出ることは出来ないでしょう。
ゴルフはもっとやさしく出来るのに。

開眼

ネットの記事だったか、「開眼」と「瞬き」について書かれていたのがありました。
内容は詳しくは読んでいなので。(^^ゞ

練習していると「おっ、これだ」という開眼を経験することは多くのゴルファーが経験していると思います。
なぜそれが「開眼」にならず「瞬き」で終わってしまうのか、私なりの考えです。

ゴルフというスポーツはクラブという道具で球を打ちます。
そしてそのクラブは最大14本まで使うことが許されています。
この14本も使えるというのが、一番の問題なのです。

ヘッドスピード40m/sは時速すると144km/hになります。
クラブは高速回転体です。
回転するもので問題なのが重心の位置と回転中心の位置です。
これにズレがあるとスムースな回転にはなりません。
高速回転体になればなるほどそれが重要になります。

自動車のホイールとタイヤはホイールバランス調整ということをして、この問題を解決しています。
丸く作られたものでさえ、高速回転するものではこうした調整が必要になります。

ゴルフクラブではどうかというと、こうした調整はされていません。
よって14本のクラブで、それぞれに打点・球筋・打ちやすさに違いが出てしまうのです。

クラブに個体差があれは、一本のクラブで開眼したことは他のクラブには適応されません。
全ての番手で回転時のバランスを調整してあれば、「開眼」が「瞬き」にならず、そのまま全ての番手に生きてくる可能性はあります。

そしてもう一つ。

ダウンスウィングは一瞬の動きです。
そしてそれは既に身体に最適な状態でプログラムされています。
ボールを打つという意識で全自動で起きてしまうものです。
ですからその一部を手動に切れかえれば、全体を乱してしまうことになります。
たまたま上手くいくことはあっても、全自動の動きに再現性ではかなわないのです。

良いショットを高い再現性で行うには、
先ずは良いクラブと良い構えを手に入れることです。
動きの中で自分で作り上げることは、バックスイングの前半までではないでしょうか。

全自動

大きなボールあるいは枕をゴルフボールあるいは飛球線方向に投げることを以前記事にしました。
数回やれば誰でもが目的を達成できます。
「動きを何か意識しましたか?」との質問に皆さん「何も」と答えられます。
手段を意識していないのです。
「目標に向かって投げること」それしか思ってはいません。
もっと遠くへ、あるいはもっと強くとお願いすれば、それも難無くやってのけます。

ある程度の年齢になれば、そうした動きは手段を意識せずにこなせるということです。
あなたの身体にそうした良い動きは既に備わっているのです。

動き始めたら「ボールをクラブで打つ」ということを思うことで、全て自動的に良い動きが出来てしまう。
その為に必要なのは、そうなってしまうための構えであり、芯を喰って狙った所に打てる打ちやすいクラブです。

多くのゴルファーは良い結果が出ないと、一瞬で終わってしまう動きの中を細切れにして修正しようとします。
そしてクラブの個体差で起きることもまた動きの中で修正しようとします。

スウィングをシンプルで再現性の高いものにするには、動きの中をあれこれ考える前に、良いクラブと良い構えを手にすることです。

ゴルフ障害

ゴルフ障害を抱える人には共通点があるように思います。
私は医者ではないので、専門的なことは分かりませんが…。
40数年練習場に居て、クラブの組み立て・調整・修理をし、レッスンもしての話です。

〇ばね指
必要以上に強くグリップを握る
クラブのグリップはエンドが太くなるテーパーの形状になっています。
軽く握っても簡単には抜けません。
ルーズはいけませんが密着させて軽く握ることが予防になります。

〇腱鞘炎
インパクトでフェース面をスクエアにしようと強く握る
インパクトの衝撃がより手首に来ますので起きやすくなります。

インパクト前後を力でリストターンをする
一番ヘッドスピードが出る瞬間にリストターンを行えばそれだけ手首への負担も増えます。

正しいグリップをしていない
正しいコックが出来る方向に握りが出来ていないと、これも手首により負担が掛かることになります。

ハンドアップの構えも、腕の上げ下げが強調され、より上から打ち込むことになり負担が増えます。

〇左腕のゴルフ肘
インパクトでフェース面をスクエアにしようと強く握ったり、インパクトで左腕を力で伸ばそうとする
腕に力が入るとより肘への衝撃が来ます。

〇右腕のゴルフ肘
力で右肘を伸ばしインパクトしようとする
腕に力が入るとより肘への衝撃が来ます。

要は力尽くで無理をしたスウィングをしてるということです。

その原因はクラブと構えにあります。

〇クラブ
クラブは回転時のバランス調整はしてありません。
よってクラブの動きに個体差があります。
インパクトでフェースの向き・位置は同じにはならないのです。
だからそれを力尽くで同じインパクトにしようとします。
どの番手でも同じ球筋にしようとすればそうならざる得ないのです。
回転時のバランス調整をセットでして使うことが先ずは必要です。

〇構え
ハンドアップの構えはウィークグリップを生みます。
またインパクトエリアでのフェースターンも自動で起きにくくなります。
ヘッドスピードも落ちます。
身体のターンする力を腕の振り・クラブの振りに利用できにくくなります。
腕の上げ下げに頼ったスウィングになりやすくなります。


良いクラブと良い構えが身体にもやさしい、ということですね。

やさしく長く

回転時のバランス調整がされているクラブセットを使っているゴルファーにおいては、
インパクトエリアをクラブの自由回転に任せた方が再現性が上がりますし、球筋もセットで揃います。

回転時のバランス調整がされていないゴルファーにおいては、
その番手での再現性はインパクトエリアをクラブの自由回転に任せた方が上がりますが、
セットで考えた場合は球筋は揃いませんので、結局インパクトエリアを自分で作った方が球筋は揃います。

狙いを定めて発射すればどの番手でも正確に的に当たるクラブと、
発射した後も当たるまで軌道修正(フェース面修正)しなければならないクラブとでは、
どちらが簡単かは想像がつくと思います。

軌道修正(フェース面修正)を行うためにはそれなりの腕力が必要になります。
ゴルフを始めたその日から回転時のバランス調整がされているクラブセットを使う機会に恵まれるゴルファーは、
ほぼ皆無ですから、自らが軌道修正する技を無意識で身体が覚えていくのです。
結果が不揃いでは満足できませんから。


インパクトでの力任せは思わぬ障害にも見舞われます。
特に練習熱心で多くのボールを打つゴルファーに付いてまわります。
ばね指・腱鞘炎・ゴルフ肘……。

インパクトでの衝撃力は1トン前後と言われています。
インパクトで強く握ったり手首を返したりすれば、その衝撃力をより身体で受け止めることになります。
その結果ゴルフ障害です。
どの部位にしても身体を痛めるのはスウィングに無理があると思うべきでしょう。

身体にもやさしく・長くゴルフを楽しむためにも、
余計な事をしなくても済む道具と構えが必要です。

 | HOME |  Next »

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード