FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-04

調子が悪くなって来たら

先ずは構えのチェックです。
スウィングそのものが悪くなって調子が落ちる場合もありますが、
構えが変わってしまったことで本来のスウィングをさせてもらえないケースが多いので、
先ずは構えのチェックです。

次にスウィングですが、調子の悪い時ほど思い切り強く打ってみることです。
強く打とうとするほど身体本来の使い方を無意識でするものです。
あれこれ考えずにインパクトに向かって強く打つこと。

回転時のバランス調整をしてあるクラブを使っている方
上記の事をしてみても思うような結果が得られない番手がある時は、
先ずはグリップを丹念に洗って、乾かしてから再度打ってみて下さい。
それでも良い結果が得られない場合は再調整にお持ち下さい。
グリップの減りや劣化がない場合でも、1年に一度のバランス再調整をされれば良い状態でゴルフが出来ます。

結果には原因がある

ゴルフで良いショットを打つための優先順位とその割合は下記の通りです。
(割合は私の主観ですが)

1.クラブ(6割)
2.構え(3割)
3.スウィング(1割)

例えば、トップで左ひじが曲がる・オーバースウィングになるケース。
肘が曲がらないようにとか、オーバースウィングにならないようにとか結果の矯正だけでは直りません。
そうなる原因が必ずあります。

順を追って原因を探ってみましょう。
1.クラブ
体力に対して重すぎるクラブを使っているないか?

2.構え
股関節から適度な前傾をとっているか?
両肩の傾き(左肩が高く右肩が低い)・背骨の傾きが適度にとられているか?

3.スウィング
上体(骨盤から上)が十分にターンしているか?
右脚での受けが出来ているか?

簡単に幾つか原因を挙げてみました。

球筋を含め悪い結果が出ると、多くのゴルファーはそれをスウィングで矯正しようとします。
ショットはクラブ・構え・スウィングの三位一体です。
スウィングはクラブと構えで決まると言って良いくらいクラブと構えは大事です。
対症療法で終わらせずに原因を突き止め、そこから修正することです。

悩み

「こんなに教わっているのに上達しないのは何なんでしょうね。」
レッスンを受けているお客様が帰り際に一言。

聞かれれば答えない訳にもいかないので、
「皆さん、全てをスウィングで解決しようとしているからではないですか。」
と私。

でもその私の答えには何の質問もありませんでした。
悩みはこれからも続くでしょうね。


トマトを輪切りにする。
包丁さばき以前に包丁の切れ味の良し悪しが結果を左右します。
切れ味の悪い包丁ではいくら包丁さばきを教わろうが良い結果は伴わないのです。

良いショットを打つための優先順位
1.道具(6割)
2.構え(3割)
3.動き(1割)

クラブの組み立て・調整をし、レッスンもし、自分でも40年ゴルフをして来ての私の思いです。
動き(スウィング)だけで良い結果を常に求めようとすることには無理があります。

思いと現実

早い段階から回転時のバランスの整ったクラブセットを使ってゴルフを始めたゴルファー。
ある程度ゴルフをやってからそうしたクラブに巡りあってゴルフをしているゴルファー。
生涯そうしたクラブに巡り合わずにゴルフを続けているゴルファー。

ゴルフ人生、人それぞれです。

圧倒的に短期間で無理・無駄のないスウィングが身に付くのは、早い段階でバランスの整ったクラブを使っているゴルファーです。
個人差はありますが3ヵ月から半年で良いスウィングが身に付きます。

「ゴルフは道具6割、構え3割、スウィングは残りの1割」と私は言っています。
これは40年ドライビングレンジに居て、クラブの調整をし、レッスンもし、多くのゴルファーを見続けてきての実感です。

機会あるごとに道具と構えの大切さをお話させて頂いていますが、現実は思いとはかけ離れた所にあります。
「良いクラブが良いスウィングをつくる」昔からある言葉ですが、もう一つ付け加えるなら「良いクラブと良い構えが良いスウィングをつくる」でしょうか。

「いろは」から「ゑひもせす」

クラブと構えが良くなればスウィングは良くなって行く。
私は常々そう思っています。
ですから回転時のバランスを調整してあるクラブをお使いのお客様のチェックは先ずは構えからです。
「また構えですか!」などと言われたりもしますが、狂いはそこから生じますからいつも同じ良い構えをとるのは大事です。
動きの中のことでレッスンすることなどそう多くはありません。
力の使い方を覚えれば良いだけですし、それも元々誰もが持ち合わせいていることですから。

「もっとレッスンをすれば良いのに。」とも言われたりもします。
フルセットで調整済みのクラブをお使いの方なら、レッスンと結果が結びつきますから良いのですが、
そうでない方の場合は結果を良くしようとすれば、前にもお話したように対症療法的レッスンを強いられます
未調整でも超初心者の「いろは」程度なら可能ですが、「ゑひもせす」までは難しいというのが本音です。

 | HOME |  Next »

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード