FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2008-07

シャンク(shank:脛)

クラブヘッドのネックの下の方に当たって斜め方向にボールが飛んで行く
ミスショットをシャンクと言います。
クラブのその部分を脚の脛に見立てたものなのでしょう。
日本ではソケットすると言う人もいます。

シャンクの原因はいろいろと考えられますが、
身体の動きと腕の振りとのアンバランスが原因の場合が多いのではないでしょうか。
その中でもどちらかと言えば腕が身体の動きより勝ってる場合に多く出るようです。

グリーンがすぐそこのアプローチショット、
例えば身体も腕も50%の振り幅で打たなければならない状況なのに、
距離が近いが故に腕50%・身体20%とかの腕主体でスウィングしてしまう。
そうすると身体がインパクトの状態にまだないのに腕・クラブが先に来てしまって
シャンクしてしまう。

フルスウィングの場合でも、前回の「腕の振り出し方」でお話したように
足元から順序良く動き出して胸が腕を弾き出す形で腕・クラブが振られれば
身体と腕・クラブのシンクロがとれるのですが、
切り返しで腕に力が入り、腕を腕の力で振り出すと途端に身体とのバランスが崩れ、
下半身がまだインパクトの状態になる前に腕・クラブが先に来てしまって
クラブのターンが自然発生せずにシャンクになってしまう。

身体の動きを単に回転とするには問題もあるかと思いますが、
身体の動き(内転)を腕・クラブの振り(外転)に変える意識
(腕を腕の力だけで振り出さない意識)がシャンク防止には必要かと思います。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード