FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2008-09

やさしさ

「あんな難しいアイアンを使っていて忽ちシングルになっちゃったね。
 マッスルバックは芯を外すと距離が極端に落ちるでしょう、難しいよね」

最近シングル入りを確定させたゴルファーのことを某氏が私にそんな言葉で語りました。

マッスルバックのアイアンは確かに芯を外すと手応えは悪いし距離の差も大きくなります。

だったら芯を外さなければ良い訳です。(笑)

芯を外さずに打てる・打てないは皆さん100パーセント腕だと思い込んでいると思うのですが、
一番はクラブなのです。

「調整していないキャビティバックより調整されたマッスルバックの方がやさしいですよ。」
これは私の口癖です。

スウィートエリアが広いクラブがやさしいのではなく、
スウィートスポットに当たりやすいクラブがやさしいのです、
私はそう思っています。

P9210367.jpg

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

最近の傾向?

極最近見かけるようになったスウィングのタイプ。

フォロースルーで手を速く振ろうとしているゴルファー。
フォロースルーで力を入れているゴルファー。

インパクトで手を速く振ろうとしているゴルファー、
インパクトで力を入れるゴルファーは以前からいましたが、
フォロースルーでというのは…
思いの外最近います。

話を聞いてみると、共通の意識は
「フォロースルーでヘッドスピードが最高になるように」
ということでした。

「う~ん、誤解です。」

フォロースルーで力を出したり手を速く振ったりしても
真っ直ぐ遠くへボールを飛ばすことはできません。
疲れるだけです。

「手先で当てに行かずにしっかりヘッドを振りぬこう」ということだと思うのです。

力はダウンスウィングの初期に使い切り、
インパクトで手のスピードは遅くならないとヘッドでボールを叩く事はできません。

ゴルフは手でボールを打つのではなくクラブヘッドで打つのですから。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

CB-2006

9月22日、三浦技研から
MGヘッドシリーズ CB-2006(for Steel)が発表されました。
carbon用ヘッドは10月1日発売予定だそうです。

http://www.miuragiken.com/products/mg/cb-2006/index.html

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

球筋の変化

軽量スチールシャフトからカーボンシャフトのアイアンに買い換えた方が、
新しくしたアイアンのロフトが全体的に立っているので、
Swだけ以前使っていたものに戻したのだけど、
左へ行くようになった、という話をしていました。

ウェッジだけカーボンシャフトより少し重めの軽量スチールを
使うのは、組み合わせとしては悪くないので、
ちょっと不思議だったのですが、
もしかしてグリップ変えました?と聞くと
交換したとのことでした。

それで納得しました。

以前にもお話ししていますが、
グリップ交換をするとそのクラブが持っている球筋は変化します。
新しいクラブにしたから前から使ったいるSwが左へ行くようになったのではなく
Swのグリップを交換したことで回転時のバランスが変化し左へ飛ぶようになったと
考えるべきです。

チューニングすればまた元通りの球筋に戻せます。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

「帝王」ニクラス

前回ジャック・ニクラスのスウィング映像のお話をしました。
「You Tube」で「Jack Nicklaus」で検索するといくつか映像を見ることが出来ます。

私は今でも彼のスウィングが大好きです。

「帝王」と呼ばれた偉大なゴルファーのスウィングですから
すばらしさの塊みたいなスウィングですが、その中でも特に私が好きな所は
・バックスウィングのフットワーク
・クラブヘッドでボールを打っている
この二点です。

・バックスウィングのフットワーク

私はゴルフで言われている「体重移動」は圧力移動・脚の踏み換えだと
思っています。
右足に体重(重心)を移動するのではなく、左足の圧力を抜くことで
次のダウンスウィングへの圧力移動(脚の踏み換え)が自動で
行うことが出来るからです。

二クラスのスウィングではこの点が非常にイメージしやすいと思うのです。

バックスウィングが進むにつれ左足の踵が浮き圧力が抜けてゆく様子が
良く分かります。
でも右ももや腰は右足側へは移動していません。
逆に左足方向に少しですが腰は回りこんでいきます。
背面からの映像ではアドレス時より右腰は左足方向へと移動しているのが
良く分かります。
右膝(右足首)の上でそれらが全て右回りに回転している印象を受けます。

このトップスウィングの状態で静止することは不可能でしょう。
だから次のダウンスウィング(左脚への踏み換え)が自動で可能になるのです。

・クラブヘッドでボールを打っている

当たり前のことです。
ヘッドで打たずに何で打つのか?と言われそうです。
それに「帝王」ニクラスに何という発言かと言われそうですね ^^;

言葉を変えれば
「インパクトに向かって」打っている(振っている)スウィングです。

フィニッシュまで身体を使い切っているスウィングというよりも、
インパクトに向かって力(身体)を使い、力を伝えたクラブヘッドでボールを打ち、
クラブに引っ張られてフォーロースルーを迎え
フィニッシュで止める事をしている、そうしたスウィングに見えます。
力の入れ方・抜き方・減張が私にはとても良くイメージできるスウィングなのです。

どうスウィングしたら良いのかが二クラスのスウィングを見ていると
見えてくる、そんな気がします。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

まっすぐ低く?

「まっすぐ低くテークバックして」というアドバイスがあります。

どんなショットでもボールの内側でクラブを持った身体が首根っこ辺りを
中心に回転してテークバックをするので、クラブヘッドがまっすぐ低く動くと
いうことはありません。

まっすぐ低くテークバックすれば腕と胸のリンクは外れてしまいます。
正しい軌道より表側に上がることになりそれを途中から軌道修正しようとすると
クラブがフラットな軌道に収まったりフェースの面もずれてしまったりします。

クラブヘッドはテークバック直後から飛球線のインサイドに上がっていくのが
正しい軌道です。

スウィングしている人を上から撮った映像は見る機会が少ないかと思います。
ジャック・ニクラスの「ゴルフ・マイ・ウェイ」の中にその映像があります。
機会があったら是非見て下さい。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

ハンドアップ

良いショットを打つために欠かせないのが
良いクラブ・良いアドレス・良いスウィングです。
そして優先順位もこの順番です。

土・日曜はカップルで練習されているゴルファーが多いですが、
気になるのはハンドアップで構えている女性のゴルファーが多いこと。

飛球線後方から見てクラブと腕が一直線に近い状態で構えています。
その方が真っ直ぐ飛びそうな気がするのでしょうね、きっと?

連れの方はスウィングのアドバイスはあれこれされていますが、
アドレスでの手の位置についてのアドバイスはされない方が多いですね。

前傾してハンドダウンしてかまえれば
左手のグリップが良くなるのでコックが使える、
バックスウィングやトップスウィングも前傾の中で胸を右に向けるだけで
自然に出来上がる、
コックが使えてヘッドでボールを弾けるようになるから距離も出てくる、
方向性も良くなってくる、
‥‥
と、良いことばかりなのですが、
なぜかその辺のアドバイスは置いてけぼりなのです。

スウィングが良くない原因はアドレスやクラブにあることが多いのです。
そんな場合にスウィングだけを矯正して一時的に良くなったとしても
原因を取り除かない限りまた元のスウィングに戻ってしまいます。

クラブをチューニングしてから‥というのがベストですが、
とりあえずはアドレスから正さないとゴルフは難しくなりますよ。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード