GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2009-05

三菱ダイヤモンドカップゴルフ

兼本貴志プロ 初優勝 おめでとうございます。

プレーオフでのバンカーからのセカンドショットは凄かったです。
16番のティショットもすばらしかったですが、
「お先に」の了解前にピンを抜いたキャディさんを制したように見えた姿勢も
好感度大でした。

「カン違い」ではないでね、すばらしかったです。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

Powerlines Golf: How To Create Power



テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

Setting Up A Neutral Swing Path



「低く長く真っ直ぐに」と言われるよりはニュートラルでナチュラルだと。
こういう映像をみるとちょっとホッとします。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

腰のスウェイを直す

バックスウィングで腰が右にスウェイして右サイドが伸び左肩が大きく落ちて左サイドが縮む。
ダウンスウィングではその逆で、右サイドが縮み左サイドが伸び上がってしまう。
俗に言うギッタンバッコンのスウィングです。

ダフリ・トップがよく起きます。

原因と対策は
前傾不足 → 股関節からしっかり前傾する
ボールを上から見ている → 背骨を右に少し傾ける
ボールを見すぎる → 顔も少し回す
腰を動かさない → 腰も回す
といったところでしょうか。
前半(バックスウィング)が良くなれば後半(ダウンスウィング~フィニッシュ)も
良くなります。

以前紹介した「Feet Together Drill」はこれの矯正にはもってこいのドリルです。
そして今回このドリルでもなかなか改善されないゴルファーのために更にもうひとつ
付け加えましょう。

「踵ずらしドリル」です。

kakato.jpg


バックスウィングと同時に拇指球を中心にして踵を時計回りにずらして
トップスウィングをとります。
踵が左へずれれば腰も少し左へ移動します。腰の右へのスウェイは起きません。
何度かこのトップまでの動きを繰り返し、次に踵をずらしたつもりでトップを作って
みましょう。
改善されていたら次はボールを打ってみましょう。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

ギャップを埋める

素振りだと満点のスウィングなのに、いざボールがあるとそのスウィングが出来ない
ゴルファーのために何か良い方法はないかと模索していました。

いろいろと考えた末にひとつの方法を思い付きました。

ボールがない素振りはOKですから、次にボールがある条件でその素振りが出来れば
ボールを打つ時にもボールがない素振りに近いスウィングが出来るのではないか?

どういうことかというと
ボールを置いてそのボールを打つアドレスをとります。
次にクラブヘッドを20cmほどその場で浮かせます。
ボールを見ながらその20cm浮かせた状態で素振りをするのです。

素振りと本番のスウィングとに大きなギャップがある人は
このボールを見ながらの素振りでも最初は普通の素振り通りには出来ないようです。
でも何度がするうちにボールを見ながらでも良い素振りが出来てきます。

そうしたらそのままソールして実際にボールを打ってみます。

ボールにアドレスする。
20cmほどヘッドを浮かしボールを見ながら素振りをする。
すぐにソールして実際にボールを打つ。
これを繰り返すのです。

素振りと本番のスウィングとにギャップがある数人のゴルファーで試してみました。
成果は出ています。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

グリップ交換

「ドライバーのグリップ交換をしてラウンドしたら、今までのハイ・ドローの
 球筋が出なくて右にすっぽ抜ける球筋ばかりだった。
 散々のラウンドだったよ。
 グリップ交換したらこんなに球筋が変わるものなのか?
 アイアンをグリップ交換した時はそんなに感じなかった…。」

シングルハンディキャップのゴルファーさんからのお話です。

このブログの読者はもう何度もこの件に関する記事は読まれているでしょうから
今更なのですが、グリップ交換すれば球筋・打点・打ちやすさは変わります。
どのように変わるかは打球するまで判りません。
グリップ交換後1~2日してから打球して球筋を確認することは絶対に必要です。
そしてそれまでと同じ球筋を打ちたかったら調整は必須です。

この現象はどのクラブでも起きます。
パターでもグリップ交換後にカップ左に外すことが多くなっり、その逆のケースになったり
することがあります。
パターの場合はヘッドスピードが遅いのとクラブではサイドスピンが掛からないので
その変化を感じにくいし気付きにくいだけです。
ヘッドスピードが速くなるクラブ、サイドスピンが掛かりやすいクラブほど結果は
顕著に現れますし、感覚としても感じやすいのです。

もうひとつ、
アイアンではグリップ交換後にそれほど感じなかったのは何故か?ということに関連しますが、
未調整のクラブの場合、クラブに任せてスウィングしてしまうと個体差がはっきり出るので、
少なからずインパクトを自分で作る傾向があります。
方向性を重視するアイアンでは特にそのようです。
インパクトで手首や前腕を硬くすればクラブの微妙な動きの違いは感じにくくなります。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

Feet Together Drill

椅子に腰掛けたり地面に膝を着いたりしてのスウィング・ドリルに私は否定的です。
確かにヘッドを振るということでは一定の効果はあるのでしょうが。
そして両脚を揃えて上半身だけを捻るドリルも…。

同じ両脚を揃えたドリルでも昨日載せた「Feet Together Drill」は良いですね。
お薦めです。

このドリルではインパクトまで両足の踵は上がりません。
どちらかというと一軸に近いスウィングかなとも思います。
自分の場合はトップで左足、インパクトで右足の踵が少し上がります。
バックスウィングで右脚、ダウンで左脚に圧力を移すからです。
インパクトまで踵が上がらなければそれだけ正確性がアップするのかもしれません。
トップでお尻が飛球方向へ少し移動してそちらを向く点では自分と同じですが、
私の場合は右膝、このドリルでは両膝か左膝を軸にテイクバックする感覚ですか。

その辺の違いはありますが、フットワーク・身体・腕・クラブをシンクロさせる
すばらしいドリルです。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

Top 25 Golf Pro Lesson Feet Together Drill



テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

Right Arm and Body Connection Drill




テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

二冊の本

P5081574.jpg

左:「ゴルフ4スタンス理論」 廣戸聡一 監修
右:「The Plane Truth for Golfers」 Jim Hardy with John Andrisani

「ゴルフ4スタンス理論」は以前買ったものです。
買った当時は自分のために読んだのですが、今回は別な視点から読み直しています。
因みに私のタイプはA2ですが、そのアドレス・スウィングとは随分とかけ離れています。(笑)

「The Plane Truth for Golfers」は今回これの「Master Class」と二冊購入しました。
こちらは眺めます。(笑)
One-Plane Swingで疑問に思っていることが解決できればと思っていますが
どうでしょうか?

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

Eye of the Tiger Woods - 4-Iron




珍しいアングルからの映像なので載せておきます。
Tiger Woods気分!?


テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

トップスウィング

下の図は
某トッププレーヤーのトップの位置をゴルフ雑誌からトレースして
背骨(赤)、トップでの左腕とシャフト(青)、シャフトプレーン(緑)を示したものです。
背骨のラインは想像です。

PICT0028.jpg


このイラストを背骨のラインが垂直になるように左回転して上半身を表したのが
下の図です。

PICT0028-2.jpg


これを見て皆さん何を思われるでしょうか?

私が注目するのは二点です。

・左腕・シャフトは上半身(背骨)に対しては真横に近い。
・左腕とシャフトのラインはアドレスでのシャフトプレーンと平行に近い位置である。

クラブは上半身に対して上に振り上げるものと思っているゴルファーは多くいます。
確かにグリップの位置は青と緑の線の差分だけ振り上がってはいますし、
前傾の中では振り上げるという意識が働くのは当然でしょう。
しかしそうした意識故にアウトサイドへテイクバックしたり
ターン不足で腰のスウェイを招いたり、オーバースウィングになったり、
腕と胸のリンクがとれずに手打ちになっているゴルファーが多くいるのも事実です。
上半身に対しては上に振り上げるというより横に振るというイメージを持てば
これらは防げるのではないでしょうか。

直立して二番目の図のようなトップからの素振りを繰り返しイメージを掴み、
少しずつ股関節から前傾しながらスウィングし、最終的に地面まで下げていけば
スウィング作りはやさしくなると思いませんか。

 横降りでは周囲(特に後ろ)の安全確認を!!


最後にBen HoganとJack NicklausそしてTiger Woodsの映像を載せておきます。

Ben Hogan Slow Motion Swing


Jack Nicklaus 18th Tee 1986 Masters


Tiger Woods On Perfect Plane


テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

Golf explanation of swing plane

スウィングプレーンは
アドレスでも変わってくるので全てを一つと考えることは出来ないでしょうが、
自分の思いと重なりかつ分かりやすい映像をと探していました。
参考までに載せておきます。



テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード