FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2009-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問に

Sさん、こんにちは。

「クラブのチューニングとは動的なライ角を調整するとの理解で宜しいのでしょうか。」
という質問に対してです。

リシャフトなどもチューニングに入るのでしょうが、このブログで私がチューニングと
言っているのは、パーツを変えずに組み直すこともしないで行うことを言っています。

そんな条件で出来るクラブのチューニングにはどんな事があるかというと、
・スウィング・ウェイトを変える
・ライ角を変える
・回転時のバランスを変える
といったところでしょうか。

スウィング・ウェイトとはD0とかC9とかで表示されている14インチバランス法によるものです。
クラブメーカーで最適値に設計されています。
バラツキは確かにあるのですが、公差内と思って良いでしょう。
もっとヘッドが効いている方が打ちやすく感じる(その逆も)、というゴルファーもいますが、
多くのゴルファーは設計値のままでOKでしょう。

ライ角はその人のインパクト時のライ角(ダイナミック・ライ)に合わせるのがベストです。
ソールにガムテープ等を貼ってゴムマットの上などでスウィングすれば合っているかどうか
判定できます。
ライ角調整はヘッドの素材によっては調整不可の場合もあります。
ライ角がアップライト(フラット)だと、球筋がフック系(スライス系)になると一般的に
言われています(スクエアにインパクトした場合)が、それは次に述べる回転時のバランスが
取れている場合であって、単にダイナミック・ライを揃えただけでは球筋は統一されません。

回転時のバランスとは、回転する物体における重心の位置と回転中心軸の位置の関係が
どうなっているかという事です。
身近なものでは自動車のホイールバランスがあります。
丸く作られいてるものでも微妙に回転軸の中心と重心の位置にズレがあるのでバランスを取るのです。
子供の頃に作って遊んだ「竹とんぼ」もこのバランスが悪いと真っ直ぐ高く飛ばすことは出来ません。

ヘッドスピード40m/sは時速にすると144kmになります。
ゴルフクラブは高速回転する物体です。
回転時のバランスの良し悪しは球筋・打点・打ちやすさに影響を及ぼします。
スウィング・ウェイトの僅かな差による影響より回転時のバランスの僅かなズレの差の方が
影響が大きいのです。
フェースが開いて入る・閉じて入る、リリースが早くなる・遅くなる、これらは打点・球筋に
影響します。(クラブにさせられる部分において)
そして人間には感性があります。バランスの狂いは打ちにくいという印象をもたらします。

ゴルフは最高14本のクラブが使えます。
それぞれで微妙にこのバランスが違うのです。
だからゴルフは変に難しい。

ゴルフ雑誌などを見ると鉛テープでの球筋の調整の記事を時々目にしますが、
鉛テープの量も貼る位置もゴルフクラブの場合はもっと繊細です。
クラブヘッドのウェイトで球筋を調整できるというクラブにおいても、微調整は必要だと
私は思っています。

このブログでクラブの回転時のバランス調整をされている方と巡り合いました。
その方も仰っておられたようにこれはまだまだ希少派です。
ゴルフショップでそんな話をしても殆ど相手にしてもらえません。
調整してくれるショップがどの程度あるのか、ましてSさんがお住まいの米国では
どういった状況なのかは私には全く分かりません。


・スウィング・ウェイトは公差内(僅かな差)であれば問題はない。
・ライ角は調整可能なものは自分のダイナミック・ライに合わせて調整する。
・回転時のバランス調整は必須。

これが私のクラブ・チューニングです。

スポンサーサイト

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

「打球痕」のコメントに

Aさん、コメントありがとうございます。

Aさんと同じように秘密にしておきたいと言われる方はいますよ。

パター以外全てチューニング済みクラブに買い換えられた方との会話で
こんなのがありました。(パターもチューニングしましたが)

「セットで打つとその良さがはっきり分かります。打ちやすいですね。
 球筋も揃ってくるし躊躇なしに叩けます。」

私:「もっと多くのゴルファーにこうしたクラブを使って貰いたい。
   そうすればもっとゴルフが楽しくなるのですけどねぇ。」

「いやぁ、これはライバルには教えたくないですね。(笑)」


希少派である理由のひとつがこんな所にもあるのかもしれません。(笑)

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

打球痕

親しげにお話しながら練習されていたので知り合いの方かと思って、
その方が帰られてから尋ねてみたら「知らないおじさん」ということでした。

練習していた彼のアイアンのヘッドの打球痕が一点に集中している事に
その「知らないおじさん」は驚いたらしく、それに対して彼は
「そこで買えばみんなこうなりますよ」みたいなことを話したらしいのですが、
「それはないだろう」というような返事が返ってきて、
「いや、本当に、私はそこでしか買いませんから」と彼は答えたとか。


あの「知らないおじさん」がクラブのことで私を訪ねて来ることはまずないでしょう。
打点が一点に集中する・しないは全て「腕」と思っているのが多数派ですから。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

筋肉痛

きのうは左胸の筋肉が筋肉痛でした。
普段と変わらない生活なのになぜ?って思っていたのですが、
会社の女性スタッフから「ライ角調整やったからではないですか?」と言われて、
そういえば随分と硬かった事を思い出しました。

設計自体がアップライトになっているアイアンセットだったのですが、
ソールにテープを貼って調べたらダイナミックライがやはりアップライトで
それで調整を依頼されました。

測定値から1度~1.5度フラットに調整したのですが、
ショートアイアンはいつもの力加減で調整できたのですが、
ミドルアイアンとロングアイアンが硬かったのです。

硬いと微調整が難しいのです。
それに番手で硬さが違うセットは初めての経験でした。

「ネックが曲がる前に腕が曲がりそう」などと話しながらしていたので、
それを女性スタッフが覚えていたのですね。

きょうはもう直っています、筋肉痛。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

楽しむ

昨日来られてきょうのレッスンの約束をされていた青年のレッスンをさせて貰いました。。
一年前に一度だけボールを打ったことがあるということでした。

打席に行った時には既にドライバーを打っていたので、
そのままそのクラブでのレッスンとなりました。
クラブはというとパーシモンのヘッドにスチールシャフトです。
フェアウァイウッドもパーシモンでアイアンと共にWilsonでした。
彼のお父さんが使っていたクラブだそうです。

クラブの握り方と構え方を主に指導して、
スウィングは直立して臍の高さの素振りから前傾していくという方法でした。

結局ドライバーのみで短時間の内に200球を打って帰られましたが、
キャリーが1mの時(チョロ)もあれば真っ直ぐ220ヤード飛ぶこともありました。

ナイスショットした時の彼の笑顔がとても印象に残りました。

ボールを打つことをもっと楽しもうよ…って彼に教えられたそんな気がした200球でした。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

「自己責任?」のコメントに

TKさん、こんにちは。
拍手・コメントをありがとうございました。

「少数派と言うより、希少派… …有意義なことだと私は思います。」
 (一部引用させてもらいました。)

私も全く同感です。
チューニング済みクラブを使われている方達のクラブの買い替えサイクルは
極端に長くなります。
適当に買い換えていただく方が商売としてはオイシイと思うのですが、
知ってしまったが故に未チューニングのものを打ち易いでよと言って売ることは…。
お客様に満足していただいているということで…。(笑)

多数派になる時代はいつのことやら。


オースチンメソッドの新刊は、もしかして
ダン・ショウガー の「ゴルフボールのかっ飛ばし方」でしょうか?

この本は読んでいませんが彼のスウィングはオースチン自身とは違うように思います。
一番弟子のマイク・ダナウェイでさえバックスウイングはオースチンとは違います。
オースチンのスウィングはオースチンのみなのかも知れません?

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

自己責任?

アドレスやスウィングをチェックしてみてもこれといって悪いところがなく、
リズミカルでバランスの良いスウィングなのに球筋はフック。

「どこが悪いのですか?」

こんな場合はクラブをチェックしてみる必要があります。

ライ角がアップライト過ぎないか?
回転時のバランスは良いか?

本来はクラブ購入時にチェックしておくべき事なのですが、
そうしているゴルファーは少数派です。

スウィングを自身で判断できる材料が出球と先の曲がりです。
でもそれはクラブが適正であって初めて的確に判断できるのであって
そうでない場合はスウィングを悪い方向へと向かわせる事にもなりますから
要注意です。

アドレスは全て自己責任ですが、
スウィングは自分でしている部分とクラブにさせられている部分がありますから、
後者はクラブを調整するのがベストで、それをせずに自分で何とかしようとするのは
無理がありますし、再現性も低くなります。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

全英リコー女子オープン

去年だったか女子ゴルフのトーナメント結果を知りたくて地方新聞のスポーツ欄を見たら
若手選手の顔写真が載っていました。
彼女が優勝したのかと思いながら記事を読み出したら、優勝したのは別の選手でした。
何で優勝者の写真ではないのだろうと不思議な気がしました。

「全英リコー女子オープン」、今年も日本勢が頑張っています。
放映時間は早朝ではないので比較的見やすいですが、
それでも途中で眠ってしまったりして…。
翌朝のテレビ番組で結果を知る事になるのですが、
テロップや内容から彼女が日本勢トップか?と思って番組を最後まで見ていると、
さらに上位に一人いるではないですか。
これも不思議な気がしました。

今夜は「全英リコー女子オープン」最終日、
誰が優勝しようが「全英リコー女子オープン」をしっかり見せて欲しいものだと思います。
睡魔に勝って最後まで見れるかどうかは分からないですが…。(笑)

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。