FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2009-11

コメントに(2)

TKさん、
Choice12月号の「世界の一流たちのセッティング」をズラッと眺めました。
小さな写真のもあるしバックから出ている部分しか見れませんから何とも言えませんね。

ご指摘のプロ・アマのは確かにヒール側やシャフトに鉛が確認出来ます。
最近のヘッドはトー・ヒール方向の重量はウェイトで変えられるクラブもありますし、
トッププロの場合は、ドライバー一本を選ぶのでも多くの本数の中から選べる可能性が
高いということもあると思うのです。そのプロ用の仕様の中からですから、
ベストに近い状態のものをチョイス出来る可能性は高くなります。
それからトー・ヒール方向の調整は、ヘッドの基本性能が良ければ極々少量の重さで
調整可能ですから鉛テープを貼らずにも出来ます。

シャフトのチップ側に鉛テープを貼るのは
パターなど衝撃の少ないものでは問題ないと思われますが、それ以外では
想定外の力が掛かる可能性もあるでしょうから避けた方が良いでしょうね。

あの若手プロも使っていたチップですが、
私は試したことがないので想像の域を出ませんが、ベターになるだろう事はあると思われます。
それはシャフトの固有振動数の変化によるものと言われているようですが、
動的バランスも当然変化しますからどちらによるのもなのかは?です。
それから個体差は一本一本微妙に違うものですからベストをとなると
更なる微細な調整が必要だろうと思います。
結果が違わないのならTKさんが仰るように最初からそちらを目指した方が手っ取り早いし
懐にもやさしいでしょうね。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

コメントに

TKさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

Choice12月号はまだ見ていないので分かりませんが、バッグに入った状態での写真ですか?
だとしたら全体を見ることは出来ませんし、また全体が見られたとしても見えない状態での
調整もありますから、実際はもっとパーセンテージが上がるかもしれませんね。
トッププレーヤーが何もしていないなど私には考えにくいです。

危険速度や振動周波数ということですが、、
私は車のホイールバランスと同じ動的バランスだと考えています。
丸く作られたものでさえ重心の位置と回転中心軸とは必ずしも一致しません。
アンバランスだと振動が発生したり挙動が不安定になったりします。

ゴルフクラブの場合も同じで、組み上げただけではアンバランスです。(偶然はありますが)
更にゴルフクラブでは一方向だけの回転ではありません。

スウィングロボットのように感性がないのならそれでも対処可能かもしれませんが、
人間にはすばらしい感性というものが備わっています。
アンバランスだと直線運動と回転運動とでの差異を感性が感じ取ってしまう、
それが「打ちにくい・打ちやすい」という曖昧な言葉となって出てくるのですね。
もちろん打点・球筋もですが。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード