GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2014-01

二クラス

ゴルフ雑誌を見ていたらジャック・二クラスが載っていました。
アマチュアが真似るべきニーアクションという内容でした。

年代的にも私は大好きなプロです。
「GOLF MY WAY」を収録した頃のスウィングはお手本だと思っています。

私的に好きな所を二つ上げてみます。

1.体幹(胴体)を捻っているというより体幹の向きを変えているように見える。

 バックスウィングは右足首からスタートすると二クラスは言っています。
 足首を捻る意識でスタートするとそれより上は一枚板で向きを変える感覚になります。
 回転椅子に深く腰掛けてフットワークで椅子を回しながら右を向く感覚でしょう。
 これに対して良く言われる上体を捻る動きは回転しない椅子に腰掛けて肩を回す
 そんな意識でしょうか。
 二クラス的バックスウィングは身体にもやさしいと思うのです。

2.ダウンスウィングがオートマチックでスタートする。

 右脚を軸(右足首・右膝・首根っこ)にして右を向くので
 腰は僅かに飛球線方向に回り込みます。
 左足のヒールアップが大きくなり左足の圧力が抜けます。

 両脚を開いて首根っこの位置を変えずに左足を上げたままで立っていることは
 不可能です。
 左足を上げたら直ぐに着地してしまいます。
 二クラスのトップは正にこれで、ダウンスウィングがオートマチックにスタートするのです。
 
 
次回は二クラスのボールの位置について。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

心配ないです

「調整クラブが世の中に蔓延するとクラブの買い替えが減り、練習回数も減る。
 練習場にとっては複雑な問題ですね。」

とのコメントを頂きました。

買い替えのサイクルが長くなるのは確かでしょうから売り上げ本数は減ります。(笑)
練習回数が減るかというと、こればどうでしょう?
よりゴルフが楽しくなるので、更に上を目指して行くから回数は減らないかもしれません。
ただ一回での打球数は減るでしょうね。
どの番手でも同じような結果になるので数本打てば十分でしょうから。

この調整を私が知ってから20数年経ちますが、
今も何も変わっていないと言って良いですから、
世の中に蔓延することなど少なくとも私たちが生きている間には起きないでしょうね。


何も心配することはありません。(爆)

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

先ずは道具

「気持ち良く振っちゃうと左なんですよ。
 それを嫌がって振ると距離も落ちるし…。」

全く同じ仕様でクラブを100本組んだら、
90数本はほんの少しだけ薄めに当たりながら左へ行くクラブでしょう。
程度の差はもちろん有りますが。

多くのゴルファーはこうしたケースで左へ行く原因は自分にあると思っています。
だからドライビングレンジでは番手ごとに何球も打って試行錯誤をするのです。
構えや動き、タイミングなどを番手ごとに微妙に変えないと同じ球筋にならない。

クラブの回転時のバランスをチューニングすることでそれは簡単に直せるのだけれど、
クラブに原因があるとは殆どのゴルファーは思っていないし、
そうしたことをした方が良いショットがでることも取扱説明書には書かれていないので、
せっせとドライビングレンジで汗を流すことになるのです。

何球も打ちなおせるレンジならそれでも良いけど、
一発勝負のコースでは番手ごとに打点・球筋を一球でコントロールすることなど
至難の業ですから、レンジで最後に出る球筋をコースで打つことは殆ど不可能です。


上手くいかないことを先ずは道具の性にすれば、ゴルフはもっとやさしくなるのですが。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

セットで打てるアイアン

回転時のバランス調整済みアイアンセット

ヘッド  MIURA GIKEN CB-1007 #4~9,Pw
           MB-5000WB #Aw,Sw
シャフト DynamicGold-S200

DynamicGoldをお使いの方、是非セットでご自分のクラブと打ち比べてみて下さい。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

視野の中でさらりと見る

多くのゴルファーはボールを見ることに熱心です。
「ボールを良く見て」、「ヘッドアップしないで」という事が
良いショットをするキーワードだと思い込んでいます。
だからスウィング中、いやボールが飛んでいってもボールが有った所を
しっかりと見続けます。


前傾の中で右を向き、
それを戻すことでボールを打ち、
左を向いて止める
というのがゴルフスウィングです。

自然に行えば左右とも90度前後胸の向きは変えられるのですが、
顔の向きを全く変えずにボールと正対させたままこれらを行うと、
その可動域はずいぶんと狭くなってしまいます。

可動域が狭いままでクラブをフルスウィングの幅で振ろうとすれば、
身体の動き以上に腕を振らなければそれはできません。

すると身体とクラブが構えた位置関係とは違った関係になるので
狙った所にボールを飛ばすことは難しくなります。

クラブを持たずに真っ直ぐ立ち、
顔を正面に向けたまま胸を右に向けてみて下さい。
完全に右に向けることは困難でしょう。
でもそこから顔を右に回せば胸は楽に右を向きます。
これは左を向く場合でも一緒です。

私たちには視野があります。
顔の正面でボールを見る必要はありません。

身体を右に向ける時には顔も少し右に向け視野の左側でボールをさらりと見る。
打ち終わってもボールが有った場所を顔の正面で見ているなど論外です。
最悪の場合、頚椎捻挫します。



今年も楽しいゴルフライフを!

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード