FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2014-09

力を出すタイミング

良いショットを打つための優先順位は
1.道具
2.構え
3.動き
です。
もう耳にたこでしょうね。(笑)

「動き(スウィング)」の中で特に大事だと思っていることは二つあって、
ひとつは力を出すタイミング、
もうひとつはグリップの軌道です。
今回は力を出すタイミングについてです。

良く言われることで、フォロースルーで大きな音がするように素振りする、
というのがあります。
これをフォロースルーで力を出す、と勘違いしてインパクト後に力を出して
打っているゴルファー(特に初心者)が少ないですが、います。

次に多いのはインパクトの瞬間に力を出しているゴルファーです。
確かに打っている気は一番するかもしれませんが、
一瞬をいつも同じようにコントロールすることは難しく、再現性がありません。
身体に届く衝撃も大きくなるので身体に優しくもありません。
打ち込む意識が強くなりがちで前回の記事のグリップのアッパー軌道でのインパクトも
し難くなるように思います。

ゴルフに限らず道具を使って物を打つという動きでは、
振り上げて振り下ろす、切り返しの直後に力を出し、後は道具の慣性で打つのが
一番効率が良く再現性が高いと考えます。
インパクトの瞬間に握り締めたりもしないので身体にも優しい。

グリップの位置が右横(正面から見たときに時計の文字盤で言えば9時の位置)に
来た時にはもう自分の仕事は終わりで、後はクラブの慣性とそれまでの身体の動きの
延長でインパクトを迎え、フィニッシュで止める。
インパクトエリアはクラブの自由回転に任せる、そんな打ち方が効率が良く、
身体にも優しく、再現性も高いと考えます。

だだこの打ち方はクラブの回転時のバランスの良し悪しに結果を左右されるので、
どの番手でも同じような「打点・球筋・打ちやすさ」にしたかったら
その調整は必須です。

力の出し方のドリルとしては、
右手でクラブヘッド側のシャフトを軽く摘み、左手は右上腕の力瘤を掌で押さえ
素振りしてみることです。
地面を叩かないように気をつけて、大きな音が出るように振ってみて下さい。
どこで力を使うのかが良く体感できると思います。
分かったなら普通に持ってそのイメージで素振り、次にボールを打ってみましょう。

「インパクトに向かって打つ」その意識が大事です。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード