FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2014-10

だからゴルフは難しい

良いショットを打つ為の優先順位は、
1.道具
2.構え
3.動き
の順番です。

道具は
自分に合った流れの良いクラブセットを回転時のバランスを調整して使う。
未調整のクラブセットだと打点・球筋・打ちやすさは番手によって変わります。
最大公約数的インパクトを身に付ければシングルにもプロにもなれますが、
易しさ度や身体に掛かる負担は、調整済みのクラブとは次元が違います。

構えは
目標にスクエアに、背骨とシャフトが直角になるよう構える。
背骨とシャフトが直角になる構えからのスウィングでは、
ハンドアップの構えよりヘッドの軌道と手の軌道の面の差が大きくなります。
この軌道の面の差の違いがインパクトでのヘッドの素早く自然なターンを生みます。
更に調整済みのクラブならインパクトは構えた向きに自動的に戻ってきます。

動きは
インパクトに向かって打つ。
道具と構えが決まれば、動きはインパクトに向かって打つ意識を持つだけで
どんどん良くなって行くでしょう。



多くのゴルファーは、
構えよりも動きをチェック、
もちろんクラブは未調整、
ある程度上手くなったらクラブも考えます。

優先順位が全く逆です。

だからゴルフは難しい。

シャンク

「止まらないのです、シャンクが。」帰り際お客様がポツリ。

何でかと問われても原因は人それぞれなので、見てみないと分からないのです。
翌日のレッスンをお約束しました。


いつも言っているように良いショットを打つ為の優先順位は、
1.道具
2.構え
3.動き
の順番です。

シャンクが出る原因の主なものを挙げると…、
ヒールに当たりやすいクラブである
懐が狭かったり前傾が足りなかったりする構えである
クラブ・腕・身体のシンクロがとれていないスウィングである
インパクトで何かしようとするスウィングである
などがあります。

翌日打っている所を見させて頂きました。
クラブは未調整なのでさておいて(一番大事なのですが)、
構えは前傾不足ですし、
スウィングはインパクトでフェースをターンさせよう、力を出そうとする
タイプでした。

話を伺ってみるとソールを全面接地させるのが正しい構えと認識されているようで、
トー側が少し浮き背骨とシャフトが直角になる構えに変えて頂きました。

以前の記事で何度も書いているように前傾が浅いと、
身体のターンの方向と腕クラブを振る方向が大きく違ってきます。
身体の大きな筋肉を使おうとするほどミスになりやすくなるので、
腕の上げ下げ主体でスウィングするようになります。
クラブヘッドの軌道面と手の軌道面の差は少ないので、
インパクトエリアでの素早く自然なクラブのターンも起きにくくなります。


構えを変えて頂いたことで、シャンクが出る頻度は極めて少なくはなりましたが、
それでも時々は出るし、ダフリもあります。

構えを変えてもスウィングは腕の上げ下げ主体の以前のままなので、
前傾が深くなったことでダフリが出やすくなるのです。

そこで、直立した状態でウェストの高さでクラブを水平に構えて
何度か素振りをしてもらいます。
風きり音がビュンと大きく出る(大きな筋肉が使えた)ように素振りをして、
その時にどこで力を出しているのかを自分で感じ取ってもらいます。
切り返し直後という答えを戴きました。

その感覚でクラブ・腕・上体の位置関係を変えずに素振りをしながら
少しずつ股関節から前傾して行き、ボールの位置まで下がっていきます。
力を入れるタイミングと全体のバランスに気をつけながらです。

結果、シャンク・ダフリ共になくなり
「これならコースに出れそう」と笑顔でお帰りになりました。

一件落着!

あなたのスコアは私のスコア(笑)

若かった頃、
関東への遠征ゴルフでご一緒したことが何度かあるゴルファーが、
久しぶりにご来店下さいました。

「ラウンドしているの?」
 「今年は3ラウンド」(私)
「それってしていないのと一緒だよ。」
 「・・・・」

今はいわきにおられないのでお会いする機会は少ないのですが、
それでもいわきに来られた際は寄って下さって練習していかれます。
有り難いことです。

自分で良いスコアを出せる機会はめっきり少なくなりましたが、
その代わり同じ思いに浸れる機会もあります。

「マスターに教わって少しずつ良いショットが多く出るようになってきて
 最近70台が2回出ました。」

前傾の浅い構えを直して頂いて…、
構えが良くなっても、染み付いたスウィングは直ぐに変わるものではなく
それでも続けて行くことで新しい構えに合ったスウィングに変わっていくもので、
その効果が出始めてきているということですね。

ラウンド数が少ない自分には我が事のように嬉しい。(笑)

前傾が全くない、背骨が地面に垂直な構えで練習していた女性に
見かねてアドバイスしたら、この後練習に来られることはなくなって
しまいました。
その辺が難しいのです。(笑)

クラブの事、構え、スウィング、アドバイスが欲しい方、お気軽にお声掛け下さい。
無料ですから。

感謝

不定期・気まぐれ更新のブログに拍手・コメントを戴き、ありがとうございます。
また先日はこのブログを見て200km余も離れた所から電車でわざわざご来店戴き、
ありがとうございました。
店を留守にする時もありますので、予めメール等でご連絡いただければと思います。

遠方からの回転時のバランス調整の問い合わせも頂きますが、
クラブの持ち込みによる回転時のバランス調整や、調整済みのクラブの通信販売は行ってはいません。
基本性能の悪いものはそのままの状態では調整が不可能ですし、
球筋は「道具・構え・動き」の三位一体のものという考えに依るものです。
ご了承下さい。

ありがとうございます。

 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード