GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2015-01

MB-5005

DSCF6416.jpg

#4~Pwまでしばらくありますので、顔を見たい方はどうぞ。

ゴルフ上達の早道

1.自分に合ったクラブを全番手回転時のバランスをとって使う

回転時のバランスが良ければ、どの番手でも芯を喰いやすく、番手を変えても同じ球筋になるし、気持ち良くスウイングができます。
良い動きをした時にのみ良いショットがでますから、スウイングは必ずや良い方向へ向かいます。

2.スクエアで背骨とシャフトが90度になる構えをしっかり身に付ける

構えによって出来る動きは自ずと決まってきます。
前傾の浅いハンドアップの構えでは、大きな筋肉を使いづらく、スピーディでスムースなフェースターンもオートマチックに起きてきません。

3.インパクトに向かって強く打つ、動きを細切れにあれこれ考えない

ゴルフのスウィングを特殊な動きとして捉えない。


簡単に言えば以上の三点、優先順位は上からです。

本来の性能を引き出す

前回の記事の補足的意味合いで書いています。

ベーゴマや竹とんぼを10個(本)作ったとします。
全てが同じようにスムースに回ったり飛んだりするかというと、そうではありません。
どうしてかというと、作っただけでは回転の中心軸と重心の位置の個体差があるのでそうした現象が起きます。

クラブでも一緒で、同じ仕様のクラブを10本作って何も考えず打てば、打点・球筋・打ちやすさはそれぞれ違ってきます。
打点・球筋・打ちやすさにはそれぞれの癖(個体差)が出てきます。

これは動的なバランスの個体差なので、スウィングウェイトとかシャフトの振動数とかライ角度とかそうしたことの精度とは違ったものです。
静的精度と動的精度は別物です。

クラブの動的バランスの個体差が打点・球筋・打ちやすさに影響することを私が知ったのは、もう四半世紀も前です。
ただそれは雑誌やネットで当時一時期取り上げられただけなので、殆どのゴルファーはそれを知りません。
体感できるショップ等も非常に少ないのです
故に芯に当たらない・良いショットが出ない・ゴルフがなかなか上手くならない、これらは全て腕だと信じて疑わないゴルファーが殆どです。



マッスルバックアイアンやキャビティバックアイアンにはそれぞれの良さがあります。

キャビティアイアンにしても、芯に当たりやすいクラブであることが前提で、その上で芯を外した時のキャビティ効果であるべきですし、マッスルバックアイアンも適正に調整してやれば芯を喰う確立は高くなりますから、皆さんが思っているほど難しいアイアンでもないのです。

キャビティ効果をただの対症療法的効果で終わらせてしまっては勿体ないですし、マッスルバックアイアンを打ってもみずに難しいものと決め付けたり、オブジェで終わらせてしまうのもこれまた勿体ないです。

やさしいクラブ

「マッスルバックのアイアン使ってみたいけど、マッスルって難しいんですよね。」
とか
「良くそんな難しいアイアン使っているよね。」
とか
言われることが多いマッスルバックのアイアンです。

では、逆にやさしいアイアンって何ですか?



私が思うに、アイアンに限らず「やさしいクラブ」とは
「芯を喰う」「どの番手でも同じ球筋が出る」「打ちにくさがない」、ざっくり言えばこれです。

マッスルバックのアイアンとキャビティバックのアイアンを打ち比べて、上記の打点・球筋・打ちやすさでキャビティバックのアイアンで優位に立てるものが何かありますか?

何もないでしょう。

キャビティバックだと芯を外した時の飛距離・方向性がマッスルバックよりは良いとは言われていますが、それはキャビティバックが芯を喰いやすいということではありません。
芯を外せば距離も落ちるし曲がりもします。

球筋が揃う・打ちやすいということに関しても全く変わりません。

上記の三点以外でキャビティバックがやさしいと言えるものがあるとすれば、低重心化されたキャビティバックはボールを上げやすいという事、見た目がやさしく見える、位しか思いつきません。

マッスルバックが優位なのはクラブの操作性です。
曲げた球が打ちやすい、プロが好んで使うのもそれ故でしょう。

「芯を喰う」「どの番手でも同じ球筋が出る」「打ちにくさがない」これらはヘッドの形が決めることではなく、クラブの回転時のバランスの良し悪しで決まるものです。

本当の「打ちやすさ」は一般的に言われている「打ちやすさ」とは全く違った所にあります。
皆さんそれを体感したことがないだけです。

例えにいつも言っていることですが、回転時のバランスが未調整のキャビティバックアイアンと調整済みのマッスルバックのアイアンでは、後者のほうが遥かにやさしいです。


謹賀新年

本年もよろしくお願い致します。
皆様のご多幸と更なるゴルフのレベルアップをお祈り申し上げます。

DSC01568.jpg

 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード