GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2016-01

グリップ交換そして再調整




グリップ交換の為に1,000Km近い道程をやって来て、きょうまたその道程を帰って行きました。
回転時のバランスを調整してあるクラブは、グリップ交換するとバランスが狂います。
なので再調整になります。
遠方ですと運賃も掛かりますから大変ですが、これでまた同じ感覚で全ての番手が打てる筈です。

回転時のバランス調整されたクラブを使っていないゴルファーにとっては、何のことかさっぱり訳が分からないと思います。
ずれているクラブばかりではグリップ交換でまたずれても気にならないのです。
稀にグリップ交換で偶然打ちやすいクラブに化けることもありますが、それもスウィングが良くなったのかな、で終わってしまうでしょう。

全ての番手で整っているクラブを使い続けていると、ずれているクラブは直ぐに違和感を覚えるようになります。
ゴルフで何が一番大切かも実感できるはずです。
その頃はもっとやさしく楽しいゴルフライフの道を歩んでいる筈です。



ヘッドアップ?

前回に続き多くのゴルファーの練習風景を見てきて、気になっていることです。

それはヘッドアップしない・ボールを良く見るという意識で練習しているゴルファーが多いことです。
トップもフィニッシュもボールを(ボールの有った所を)見続けています。

腕を振る軸をずらさないのと顔の向きを変えないということはイコールではありません。
顔の向きが変わっても軸を保つことは出来ます。
むしろ顔の向きを変えたほうが腕を振る軸は保ちやすいと言っても良いと思います。

顔の向きを変えないと身体のターンにも制限がかかります。
バックスウィングもフォローもです。
それだけ伸び伸びとクラブを振ることはできなくなります。

クラブを持たずにアドレスをとって、右拳で目標方向にストレートパンチを出してみて下さい。
ボールがある所を見続けてしたのでは強いパンチは出せません。
強いパンチを出そうとすれば、腕の動きに合わせて顔が目標方向へ向いていくのが自然な動きです。

バックスウィングでの、浅いトップ、左肩の落ち、右腰のスウェイ、右肘の抜け…。
フォローで代表的なのが左肘の抜け。
どれもが顔の向きを変えない・ボールを良く見すぎることで起きやすくなります。


「ヘッドアップしないで」「ボールを良く見て」というアドバイスは忘れた方が、スムースで力強い良いスウィングが出来ますよ。

左手一本での素振り

38年練習場にいます。
多くのゴルファーの練習風景を見てきて、気になっていることがいくつかあります。

その中のひとつを言えば、
腕を身体に対して横に振るものだという認識で練習しているゴルファーがいることです。

左手一本で素振りをしています。
トップもフィニッシュも身体はアドレスのまま、正面を向いたままです。

身体をアドレスのまま左手でとったフィニッシュの手の位置には右手は届きません。
身体と腕・クラブとのリンクは全くとれていません。

実際のスウィングとは大きくかけ離れた素振りです。

おそらくは腕・クラブのロールを意識しての練習なのだとは思いますが、
身体のターンがあって初めてクラブはロールしていきます。

スウィング矯正のための片手素振りのドリルをするにしても、
空いているもう片方の手で力瘤あたりを掴んで腕と胸のリンクをとるべきです。
そして片手でも力まずに軽く振れるもっと軽いものを振るべきです。
(クラブを逆さに持つとか、使い古した長箒の柄だけとか)
ゴルフクラブは片手で振るには重過ぎます。

素振り

素振り棒

上から竹箒、長箒、そして古くなった長箒の先を切り取った棒です。

今回は素振りの話です。

若手プロが竹箒で素振りをしているという話が以前取り上げられた事もあって、
竹箒を素振りに使っているゴルファーもいるのではないでしょうか。
実際振ると相当重く感じます。
腕や手の力も、もちろん身体の力も実際のスウィングよりも必要です。
筋力アップには良いでしょう。
ただ実際のスウィングとは随分とかけ離れた素振りになります。
身体・腕・クラブの一体感は出しにくいですね。
竹箒ほどではないでしょうが、素振り用のバットもそれに近いものがあります。

私が今スウィング作りにお薦めしているのは一番下の古くなった長箒の先を切り取った木の棒、これです。
重さはクラブよりだいぶ軽いです。
長さはちょうど良いし、軽いので一体感も出しやすいし、余計な力みもでません。
この軽い棒を出来るだけ早く身体全体で振ります。

古くなった長箒がなければ、グリップほどの太さの木の棒がホームセンターなどで売られています。
ゴルフバックにも入れやすいですし、構えのチェックにも使えます。
グリップのようにテーパーになっていないので、くれぐれも飛ばさないように、写真のように紐などつけて手首に通すなりしましょう。

素振りは筋力アップとスウィング作り、用途に分けて使い分けするのが良いのではないでしょうか。
お試し下さい。

導いてくれるクラブ

・従来のクラブでは味わう事が出来ない打感や感触
・ドライバーも、従来より+20ヤードは飛ぶ様になった
・すべてのクラブが、構えた所に自然と戻る様で、なんか自分が急に巧くなったと勘違いしてしまいそう

200キロ近い距離を車でお出で頂き、試打クラブをいろいろと打って頂きました。
そしてIRONとFwは新しいものに、その他の番手はリシャフトで注文を頂きました。
先日宅配便でお届けすることができました。
上記はその日のうちにレンジで打たれた後の感想メールの一部です。

「良いクラブが良いスウィングを創る」ゴルフの名言です。

全ての番手で回転時のバランスをとってやる事で、打点・球筋・打ちやすさは格段に向上します。
それまでのクラブも別物に化けます。
番手によって打ち方を変える必要もなくなり、練習した分だけスムースで良いスウィングへとクラブが導いてくれます。
上手くなったと勘違いではなく、そうしたクラブが上手くしてくれるのです。

本当の意味で打ちやすいクラブをフルセットで手にすること、それが上達への第一歩です。
ゴルフはもっとやさしく出来ます。

グリップのチェック

クラブと身体を繋ぐもの、それがグリップで昔から「ゴルフはグリップに始まりグリップに終わる」などと言われているようにとても大事です。

人差し指(もしくは中指)を曲げ、掌の小指側の膨らみの部分をグリップの真上に置きます。
グリップの中に支点と力点を作るのです。
これで腕とクラブをいつも同じ角度で握ることができます。
グリップは手元が太くテーパーになっていますから、軽く包み込んで握れば抜けることはありません。
グリップエンドは少し掌から出るように握ります。
 グローブが破れる人は長く持ち過ぎです。

グリップ-1

グリップ-2


身体の回転を取り除いて腕・クラブの動きのみに注目し極簡単に言えば、
下図のように上半身に対してバックスウィングでは右斜め上に上がり、(赤線)
ダウンスウィングではまたそこを降りてきて、
フィニッシュでは左上に上がっていきます。(黄色線)
つまり上半身に対しVの字に腕・クラブは動いていきます。
前傾した中で見ると手は随分と縦に移動しているように感じますが、
ウェストから頭までの距離でしかありません。

グリップの軌道


バックスウィングでV字の右辺の斜め右上に違和感なくフェースの向きも変わらずに上げられコックができ、
トップでクラブの重さを左親指で受け止められるグリップが良いグリップです。

ハンドアップしていたり左腕とシャフトが一直線にならない構えではこのグリップはし辛くなります。
グリップを構えの後にしたのはこのような理由からです。

構えのチェック

道具の次に大事なのが構えです。
構えのチェックポイントを記してみました。

後方から見た構え

後方構え


股関節からしっかり前傾します。
シャフトと背骨が直角になる構えを理想とします。(黄色の線)
 実際背骨は湾曲していますが、首根っこと尾てい骨を結んだ線をイメージして下さい。
 この時胸は張らずに、やさしくハグする時のように肩甲骨を前にスライドさせます。
膝は首根っこと足首を結んだ線上に位置します。(赤い線)
 これがずれると膝のスウェイや伸びに繋がります。
 膝の少し上の太ももを触ってみて、前側が緩く後ろ側が硬いのが良い構えです。
前後の体重は拇指球にかかります。
 踵に掛けるとフットワークが使えません。


前方から見た構え

正面構


左腕とシャフトは一直線です。(赤い線)
 逆くの字に曲がって構えるとインパクトでフェースが開きやすくなります。
 インパクトの先取りで上半身を構えましょう。
右肩が下がり左肩は上がります。(黄色い線)
 グリップは右手が先ですから、グリップは右肩の前になります。
 左上腕の付け根付近は軽く左胸に乗っています。
 両肩を結んだ線と右上腕がほぼ直角です。
 肘は軽く身体のほうに向けます。

P1010347.jpg

P1010348.jpg

P1010349.jpg


長い番手ほどスタンスが広くなりクラブの長さもあって、肩の傾きがより大きくなります。
 腕と胸の位置関係は変わりません。
体重は肩の傾きが大きくなるほどやや右脚に掛かります。



振られれば曲がらないか?

回転時のバランスを調整してあるクラブでは、インパクトエリアはクラブの自由回転に任せた方が打点・球筋・打ちやすさは良い状態で揃ってきます。
ダウンスウィングの初期にクラブを引いて発射すれば、クラブが良いインパクトを勝手に作ってくれるのです。

未調整のクラブで同じ打ち方をした場合はどうなのかというと、番手による回転時のバランスの個体差で打点・球筋・打ちやすさは揃ってきません。
大なり小なり個体差を抑え付ける打ち方が必要になります。
インパクトではそれなりに手や腕に力が必要です。
(切れない鋸や包丁で物を切るのと一緒です。)
たくさん練習すればする程、バネ指・腱鞘炎・ゴルフ肘等のゴルフ障害と向き合うことにもなりかねません。

未調整のクラブでもシングルにもなれるしプロにもなれます。
ただ短期間で身体に優しく上達したいのなら、回転時のバランスを調整してあるクラブ(切れ味の良い道具)が必要です。

引き出してくれるもの

回転時のバランスを調整してあるクラブを試打されたお客様が良く口にするのが
「上手くなった気がする。」です。

実際芯を喰う確立も球筋も、そしてスウィングも良くなっていますから、そういう言葉が出てくるのは当たり前といえばそうなのですね。

「自分のクラブを打つのが嫌になる。」
そんな言葉も良く耳にします。

練習場に居ると「才能がないのかな。」などという言葉も耳にしますが、才能がないのではなくて、それを引き出してくれる道具や構えをしていないだけです。

構えやスウィングに何のアドバイスもしなくても、調整済みのクラブを手にしただけで良いショットが打てるようになり「上手くなった気がする。」のですから。

先ずは道具、そしてそれを操れる構えです。

才能は誰でも持ち合わせています、体力の差はありますが。

近道

お客様が帰り際に

「自分の後ろで打っていた人、何ていう人?」

  「○○さんです。」

「上手だね、いいショット打っている。
 誰に教わったのって聞いたら、ここのマスターだって言っていた。
 マスターってそんなに上手かった?って話していたのよ。」

  「・・・。
   全番手うちで組んだ調整済みのクラブ使ってもらっていますから。」

「70歳には無理だね。お金かかるから。」


○○さんはフルセットを数度に分けて当店で調整済みのクラブを手にされています。
構えとスウィング・イメージは何度かアドバイスさせて頂きました。
ゴルフは1にクラブ、2に構えですから、これらが良くなれば簡単なスウィングイメージで短期間でも上達も出来ます。

私、クラブを握ってから51年、練習場には38年いますから、
いろんな意味で近道も知っているのです。 ヘボですけど。(笑)

謹賀新年



本年もよろしくお願い致します。
楽しいゴルフライフが送れますように。



 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード