GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2016-04

対症療法

以前も書いたように思いますが、
両上腕と胸の間にタオルやヘッドカバーを挟んでボールを打っているゴルファーを見かけます。

ゴルフのスウィングは身体のターンと腕の上下(やや斜め)の複合で成り立っています。

手は上半身に対して臍の高さから頭の高さまで上下動します。
脇は当然開くのです。

キャッチボールをするのに右脇にタオルを挟んで落ちないようにしてみて下さい。
可笑しいでしょう。


酷いフライングエルボとか、フォローでの左脇の引きなどを矯正するにしても、
「開き過ぎるから開かないように」ではなく、
どうしてそうなるのかその原因を探って、元を正さなければ問題の解決にはなりません。
対症療法ではまたその症状が直ぐに顔を出します。

名言

数ヶ月クラブを握ることが出来なかったケースで。

「ずっとゴルフしてなかったら全然当たらない、しばらく通わないと駄目だね。」

「ずっとゴルフしてなかったから心配だったけど、芯にも当たっているしまずまずだね。」

この差は何だと思いますか?

そうです、回転時のバランスを調整してあるクラブを使っているか、そうでないかの差です。

クラブがスウィングを創るという認識は、多くのゴルファーにはないかもしれません。
では切れる鋸と切れない鋸を使うことを考えてみて下さい。
切れない鋸では必要以上に力を入れる(力む)ことで、やっと結果を出せます。
そしてその結果も切れる鋸ほど良いものではありません。
道具が良ければ必要最小限の動きで最大の結果が得られるのです。

クラブはボールを狙った場所に飛ばす道具です。
スムースに回転してくれない・それに性格も同じでない14本のクラブでは、力まずにスムースなスウィングでいつも同じ球筋を打つ事は困難です。

「良いクラブが良いスウィングを創る」 ゴルフの名言です。

6:3:1 ?

ゴルフは1に道具、2に構え、3に動き、といつも私は言っています。
それらの比率を数字に置き換えたらどの位かと言う話になったので私の見解を述べれば、6:3:1でしょうか。
「え~~っ」という声が聞こえそうですから、百歩譲って、5:3:2としておきますか。(笑)

自分に合った流れが良く、回転時のバランスを全て調整してあるクラブセットを手に入れて、良い構えが出来れば、8割は出来上がりです。
もう良いショットが打てたも同然です。
後の2(1)割はしっかりボールを打つことを思うだけで良いのですから。
クラブと構えで、出来るスウィングは自ずと決まってしまいます。

クラブにはそれなりの投資は必要です。
それもゴルフを始めて出来るだけ早い時期にです。
上手くなってから…などと言っていては「時既に遅し」です。

良い構えを作るのに出費は全く必要ありません。

動きのことばかりに囚われているゴルファーは、2割のことしかやっていないことになります。
その2割も、一瞬の動きの中で出来ることなど数多くはないので、思っていることの多くは出来ずに終わるでしょう。
「こんなに練習しているのに上手くならない、ゴルフって難しいよね。」と言われるゴルファーの多くはこのパターンです。

 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード