FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2016-05

シャンク

「シャンクが止まらないんです。」とお客様。

結果を良くする為に探る原因の順番は、いつもと同じで
1.道具
2.構え
3.動き
です。

クラブは回転時のバランスは未調整です。
クラブによってはネック寄りに当たりやすいクラブというのも存在しますが、
今回はここはパスします。

次が構えです。
ボールとの距離が近く踵荷重。
 懐が狭くなるので腕を振るスペースも狭くなります。
 踵荷重だとフットワークも自然には使えません。
前傾が浅くハンドアップの構え。
 この構えだと当然腕の上げ下げ重視でスウィングするしかありません。
 フェースの自然なロールも起きてきません。
 顔を必要以上に残して腕で打たないとボールが掴まらない。

こうした構えでも調子が良い時は、良いショットが打てるのですが、いったん狂いだすと収集がつかなくなるのがこの構えです。
プロゴルファーにも前傾が浅く腕の上げ下げ主体のスウィングのゴルファーはいます。
長身だったりすると飛ばし屋であったりもするのですが、練習量の少ないアマチュアは参考にしないほうが良いと私は思っています。

ボールとの距離をとり踵荷重から拇指球荷重へ。
背骨とシャフトが直角の前傾・ハンドダウンのアドレスにする。

先ずはここからですね。
初めは構えが変わってもスウィングはそれまでのままですから、直ぐには良い結果は伴いません。
それでもそうした構えで続けていくことでスウィングも自ずと変わって行きます。
少しの辛抱です。

バックスウィング

「バックスウィングは左肩を顎の下に入れる、で良いんですよね?」などと聞かれます。

結果が良ければ、持つイメージは人それぞれで良いのですが、
これを実行しているゴルファーの多くは、十分に身体の向きを変えていないように思います。

左肩を顎の下に入れることを意識してテイクバックすると、
意識が左肩だけに集中するので右肩の動きが少なくなります。
そして左肩を顎の下に入れるためには顔の向きが変わらない方がそれがしやすい。
ボールを見続ける形になるので更に肩の動きに制限が掛かります。

ゴルフでは捻転という言葉が良く使われます。
バックスウィンクでは十分に捻る。
しかし人間の身体は捻ったからといってブルンと戻るわけではありません。

それに、捻るということをするためには、一方を固定して他方を回すか、
それぞれ逆向きに回すかするしかありません。
上体を捻転してバックスウィングをとる為には、腰を固定して肩を回すという前者のイメージになるでしょう。

そうすると腰の向きがあまり変わらないため、身体全体を使って打とうとすれば下半身の開きが早く訪れることになります。
結果、スライスの連発ですね。

私のお薦めのイメージは、上半身を一枚板とイメージして、前傾の中で右に向きを変える、です。
ちょうどピッチャーがボールを投げる時のようにです。
ゴルフではピッチングのようには左足は挙げないので、腰は結果半分ほどしか向きを変えませんが、イメージは一緒のように思います。
一枚板で向きを変えればクラブ・腕・胸の位置関係も変わることがないし、バックスウィングの前半で自分がすべき事は終わってしまいます。

「左肩を顎の下に入れる」よりは「上半身を前傾の中で右に向ける」方が、良いバックスウィングが出来やすいように思います。

自分でするべき事

先ず自分に合った仕様で、
重さ・硬さの流れが良く、
回転時バランスを調整してあるクラブセットを手に入れる事。

次に正しい構えをしっかりと身に付ける事。

ここまで出来れば良いショットを打つための準備は8割から9割が終了です。

動きの中ですべき事は、
先ず前傾の中で腰から上を一枚板だと思って上体を右に向ます。
これでバックスウィングの半分は終了です。
後の半分はその流れで自動的にトップが出来上がります。
自分がすべき事はバックスウィング前半だけです。

ダウンスウィングはインパクトに向かってしっかりと(強く)打つ(振る)ことです。
インパクトでではなく、インパクトに向かってです。
トップからインパクトまでの最初の三分の一程度です。
ここを身体全体でインパクトに向かってしっかりと打つ(振る)ことです。
その後はその流れで打ち抜いてフィニッシュします。

フィニッシュで静止しようとは思わなくて良いです。
クラブと腕が腰の高さまで振り戻っても何の問題もありません。

 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード