FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2016-09

道まだ半ば

打ちやすく芯を喰った良い球筋が多く出るクラブとは

1.クラブの仕様がその人に合っている
2.回転時のバランスが良い。

この二点が揃っているクラブです。
どちらが欠けてもダメです。

クラブはヘッドやシャフトの性能が全てと思われているゴルファーは多いですが、それだけではないのです。
クラブは組み上げただけで打つと、芯を喰わない・曲がる・打ちにくいの連発です。
でも回転時のバランスを調整してやると「芯に当たってるよ・曲がりも少ない・打ちやすいねぇ」と言われるクラブ豹変します。

組み上げただけで「当たり」のクラブに出会える確立は数パーセントです、それも偶然にです。
我々アマチュアは同じ仕様のクラブ数十本の中から一本を選べる立場にはありませんから。

最適な仕様のクラブを選ぶ、これはとても大事なことですが、それだけで終わってはまだ道半ばです。
その後が更に大事です。

構えは大事です

「年々下手になってきている、ちょっと悪い所を教えてよ」と、シングルゴルファーさん。

で…、
前傾不足のハンドアップ、そして右過ぎるボールの位置とフェースがクローズ、それから顔の残し過ぎ。
この三点をアドバイスしました。

前傾不足のハンドアップだと腕の上げ下げで打つ割合が大きくなります。
大きな筋肉が使いづらくなります。
ヘッドと手の軌道面差が少なくなるので、クラブの自然でスピーディなターンも起きにくくなります。
だからボールを打った後も必要以上に顔を残さないとボールが掴まらない。

顔を残し過ぎることで、フォローで右肩が出にくくなるのでヘッドはインサイドに早く抜けていきます。
押し込みにくくなるのです。

右過ぎるボールの位置は、身体を使うほど開いて当たり易くもなるので、フェースをクローズにして打つようになってしまいます。
大きな球筋にはなりません。

前傾を十分にとってハンドダウンして頂くと、こんなに前傾したら可笑しいでしょうと言われるので、タブレットで撮影して見て頂きました。
百聞は一見にしかず、前傾をとった構えの方が良いと納得して頂きました。
でもトーが浮いてしまうのだけど、とも言われました。
どうもソールは全面接地するのが正しい構えだとずっと思っていたらしい。
インパクトでシャフトはトーダウンする方向に撓るので、構えではトーが浮くソールの仕方で良い事をお伝えしました。

ボールの位置も左足寄りにしてフェースのクローズを修正してもらって、しばらく打って貰いました。
球筋も高くなり距離も伸びてきたので、全て納得してもらえたようです。


手打ちになる構えの三大要素
1.前傾不足のハンドアップ
2.踵荷重
3.右過ぎるボールの位置

MIURA 試打クラブ



Hayate (10.5 11.5)
MG-S01 (56 58)



もったいない

某高校の同期のゴルフコンペがあったそうで、
グロスで上位に来たのは、回転時のバランス調整したクラブを使っている人達だったというお話を頂きました。
腕じゃなくてクラブか…(笑)、という話になったとか。

クラブを使って下さっている皆さんが、良い結果を残して下さっていること、
嬉しい限りです。



最近たくさん練習されているゴルファー、お話をさせてもらったらスウィングで悩んでいるとの事でした。
でも私にはとても良いスウィングにしか見えないのですけど。

「五番アイアンが上手く打てない」と仰っていたので、今お使いのと似たヘッド形状で似たようなシャフト重量の試打クラブを打ってもらいました。
もちろん回転時のバランスは調整済みです。
結果は一発目からナイスショット。数球打って貰いましたがどれもが許容範囲内のナイスショットでした。
その後ご自分の五番アイアンも同じ球数を打って貰いましたが、こちらは許容範囲内に収まったのは一発も無し。

良いショットが打てないのはスウィングに原因がある、多くのゴルファーはそう思い込んで練習しています。
今のままでももっと簡単に良い結果が得られる方法があるのに、もったいないです。

 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード