FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2018-03

ショットの再現性

ショットの再現性を高めるためにはどうすれば良いのか?というお話です。
順番からすれば1にクラブ、2に構え、3にスウィング、ということになるのですが、
今回はその中からダウンスウィングについて書いてみます。

結論から言えば、インパクトエリアはクラブの自由回転に任せる、ということです。
言葉を変えればインパクトエリアはクラブにしっかり仕事をしてもらう。
自分でするべき事はインパクトエリアに入る前に済ませておく。

力を発揮するのはトップからの切り返し直後(ダウンの初期)、インパクトエリア以前です。
ここでスパッと力を使い切る
腕のロール戻しをするのであれば、それもコックが溜まっている時に済ませてしまう。

インパクトで打つのではなく、インパクトに向かって打つ、そうした感覚です。

例えに挙げられるような同じ動作がないのですが敢えて例えれば、ブランコの立ち乗りやヨーヨー。

ブランコの立ち乗りでは振り幅を徐々に大きくしていく時にどこで力を加えるかです。
後ろ向きに上がって行って、上がり切って落ち始めるその時にグンと漕いでやる。
落ち切った所ではありません。

最近は見かけませんが、ヨーヨーという遊び道具があります。
ヨーヨーの場合は落ち切る瞬間を見計らって一瞬ツンと糸を引いてやることで掌に勢いよく戻ってきます。
力の方向を真逆にし糸をシャフトに置き換えればゴルフのスウィングです。

クラブは高速回転体です。
ヘッドスピード40m/sならば時速では144km/h、その一瞬のインパクトを自分でいつも同じようにフェースコントロールする事は至難の業です。
インパクト(エリア)で何かをしようとすればヘッドスピードも落ちます。
インパクトで力を出そうとしていると振り遅れたりもします。

インパクトに向かって強く打ち終える、インパクトエリアはクラブに任せる、それが再現性を高めることだと私は思っています。

インパクトエリアをクラブの自由回転に任せれば任せるほどクラブが持つ個体差(癖)なりのショットが出ます。
回転時のバランスをとってあるクラブでは、良いショットの再現性を高めます。
回転時のバランスが狂っているクラブでは、その番手での再現性は高まりますが良いショットには繋がりません。
よって番手での個体差をインパクトエリアで調整するようになるので、ゴルフは難しいものになります。

Driver

Dr201803.jpg

左より 「jBEAM Bullet」 「MIRAI TINIT」 「MIURA Hayate」

MG-S01 tour

MG501Tour.jpg

MG-S01 tour
前モデルのMG-S01(後ろ)より少し小振りになりました。

目的に合った構え

ゴルフのスウィングは大きく分けると二種類、ツーレバー・スウィングとワンレバー・スウィングです。
前者がボールを上げる・遠くへ飛ばすショット、後者がボールを転がすショットです。
上げるアプローチ(ピッチショット)は前者で、転がすアプローチ(チップショット)は後者です。
パッティングも後者になります。

ボールの高低やランにはボールのスピン量が関係します。
スピン量が多ければ上がり、少なければ低くなりランが多くなります。
ハンドダウンだとコックと腕のロールが入れやすくなり、その分クラブヘッドが上から入るようになりスピン量が増えます。
ハンドアップはその逆になるのでスピン量が少なくなり転がしに向いています。

構えでの前後方向の体重の掛け方はと言うと、
拇指球荷重はフットワークが使いやすくなるので、身体全体を使って遠くへ飛ばすショットやピッチショットに向きます。
踵荷重はフットワークが使いにくくなるので、上半身のターンで打つチップショットやパッティングに向きます。

ツーレバー・スウィングとワンレバー・スウィングでは先ず構えが変わります。
ツーレバー・スウィングは前傾をしっかり取りハンドダウン(背骨のラインとシャフトのラインが直角)で拇指球荷重。
ワンレバー・スウィングはボールに近く立つことでハンドアップ、且つ踵荷重の構えです。

ボールを上げるのに転がす構えであったり、逆に転がすのに上げる構えであれば、目的に沿った動きはし辛くなります。
先ずは無意識で動きが目的に沿う事が大切で、その為には目的に合った構えをとる事、
そうすればゴルフはもっとやさしく出来ます。

腕の使い方

ゴルフのスウィングは大きく分けると二種類です。
一つはボールを上げるスウィング、もう一つはボールを転がすスウィングです。
前者をツーレバー・スウィング、後者をワンレバー・スウィングと言います。
コックが入り腕とクラブの角度が変わっていくのが前者、構えたままの腕とクラブの角度のままでコックが入らないのが後者です。

今回はツーレバースウィングでの腕の振りについてです。
スウィングを正面から見れば、恰も手(腕)を横に振っているように見えます。
そうした認識故に良いショットが打てないでいるゴルファーは多くいます。
出やすいミスは、プッシュアウト、スライス、シャンク、ダフリ・トップなどです。

腕の振りを覚える練習方法を書いてみます。


ツー・レバースウィングは簡単に言えば、
前傾の中での身体の左右へのターンと腕の上下への上げ下げで出来ています。
身体の左右へのターンをせずに腕(手)の動きだけを切り出せば下図のようになります。

グリップの軌道


手(腕)は肩幅内でVの字を描く軌道になります。
トップは右肩の方向へ上げ、インパクトに向かって下ろし、フィニッシュは左肩の方向へ上がっていきます。

先ずは身体のターンを全く使わずに腕の振りをやってみましょう。
普段通り構えます。
正面を向いたままバックスウィングは右肩の方向・頭の高さ程に振り上げます。
Vの字の右辺です。
トップでは右肘がやや曲がり、左親指方向にコックが入り左腕とシャフトほぼ90度位になります。

そこから構えた位置まで振り下ろします。
シャフトを引くことで振り下ろし、途中からコックが解け構えた位置に戻ります。
ソールで地面を打つ、そうした動きになります。
(力強くソールで地面を打つと実際のスウィングと違いヘッドの逃げ場所がないので、シャフトを折ったりしかねないので軽くやって下さい。)

フォローからフィニッシュは左肩の方向・頭の高さまで挙げます。
Vの字の左辺です。フィニッシュではトップと同じように手首のコックが入り肘も曲がります。
実際のこの動きは結果です。
ちょうど右斜め上から飛んできたボールが地面に当たり左斜め上に跳ね返って行くのと同じです。

1で構え、2でトップ、3で構えに戻し、4でフィニッシュ。
身体のターンを入れずに先ずはこの腕の使い方・クラブの振り方をイメージしましょう。


腕の使い方が出来たら次に身体のターンを入れていきます。
先ずは45度のターンです。
構えの位置から胸を右へ45度ターンしながら先ほどの腕の使い方をします。
腕を振り下ろしながら構えに戻し、フィニッシュは左45度です。
ターンが入った分、手の描くVの字の上端は広がります。
何度か繰り返します。

次は身体のフルターンです。
90度位身体をターンしながらトップを作ります。
構えに戻し、左へ90度ターンしフィニッシュです。

V字を描いていたクラブの軌道は円弧になります。
ただ手の軌道はV字の名残がインパクトで少し残ります。


実際のスウィングでは、
バックスウィング後半には腕の少しの右ロールが入ります。
これはそうしないとトップでスウィングプレーン上にクラブを収められないからです。
ダウンではその分の戻しとしての左ロールが入ります。
(多くのゴルファーは無意識でそうした動きをしています。)


前傾の中での身体の左右へのターンと腕の斜め上下への上げ下げでツーレバー・スウィングは出来ています。

 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード