GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2018-05

パッティング

コースで打つ方向に対する補助になるような行為はルールで禁止されています。
キャディがプレーヤーの構えの向きをチェックする行為も現在は認められていますが、次のルール改正では禁止になりそうです。

で、疑問に思っているのがボールにラインを入れてそれを目標に合わせる行為です。
これも当然ラインへの補助になると私は思うのですが、何故にこれは認められているのでしょう?

さて、
昨日のテレビ番組に鈴木愛プロが出ていました。
パッティングでバックスウィングを取らない練習方法はこのブログでも何度か取り上げました。
私はテレビのゴルフ番組でゲーリー・ワイレン博士がこの練習方法を紹介していたのを随分昔に観たのです。
効果抜群なのでパットに悩んでいるゴルファーにはお薦めの練習方法として紹介してきました。
パッティングが上手な鈴木愛プロがこの練習方法をやっていることでまた注目を集めているようです。

ただ昨日の番組で気になったことが一つありました。
転がりの良いストロークをすることが、ボールに入っているラインが綺麗に直線を描いて転がっていくような説明でした。
それは私は違うと思っています。
一番重要な事は、ボールに入れた直線に対してパターのフェースを直角にインパクトすることです。
そうすればラインは直線を描いて転がっていきます。
どんなにストロークがスムースであってもボールに対して直角にインパクトしなければ線は乱れます。
その為の練習がテイクバックを取らない練習方法です。

そしてもう一つ重要な事は回転時のバランスの良いパターを手にすることです。
回転時のバランスの良し悪しでインパクトのフェースの向きは変わってくるからです。
パッティングの上手・下手、もちろん練習もありますが、一番は良いパターを使うことです。
プロは多くのパターの中から回転時のバランスの良いものを選んでいる筈です。

 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード