GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2018-05

パッティング練習

バックスウィングを取らないバッティングの練習方法を記しておきます。
自宅の練習マットでの方法です。
一般的なマットの半分の距離から始めて下さい。

打ち出したい方向に直角にパターフェースを合わせます
パターフェースの合わせ方は、目標からボールに向かって直線をイメージし、それに対し直角にフェースを合わせます。
目標からボールに向かってというのが大事です。

バックスウィングを全く取らずにフォロースルーだけでカップインさせます。
フェースは目標に直角に合わせてありますから、次はフォロースルーの出し方が大事になります。
パッティングはワンレバーのスウィングですから、クラブ・腕・胸を一体にストロークします。
軸は首根っこです。
(鈴木愛プロが棒を腕と胸の間に挟んで練習していましたが、参考になりますね。)
フェースが目標に直角に合っていてもライン上にボールを打ち出せない場合は、このストロークの仕方が間違っています。
どうしたらラインにボールが出せるか、動かし方をこのストロークで練習します。
ライン上にボールを出せるようになったら、その時のフィニッシュを覚えておいて下さい。

次はほんの少しだけバックスウィングをとり、先ほどのフィニッシュまでストロークします。
そして徐々にバックスウィングを大きくしていきます。
最終的にはバックスウィングとフォロースルーの比率は1:1.5程度になるようにします。
(小さいフォロースルーはインパクトで余計な力が入りフェースの向きが狂いやすい)

通常の練習マットなら最長の距離でもバックスウィングなしでもカップインさせられます。
練習して見て下さい。

ラウンドでのパッティングでは、バックスウィングを取らないとペナルティになります。
これはあくまで練習方法です。

 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード