FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2018-11

腕か道具か?

自動車のタイヤは左右対称の向きにセットされています。
だから平らな所ではハンドルを軽く握っているだけで真っ直ぐに走らせることができます。

これがもし右の前輪だけより左を向いていたら、平らな所でも車は左へ走ろうとします。
右を向いていれば逆に右へ走ろうとします。
そんな車で真っ直ぐに走るためにはハンドルを取られないようにしっかりとハンドルを握る、あるいは車が行きたがる方向とは逆方向に切りながら走らせる必要があります。
左へ行きたがる車と右へ行きたがる車とでは、真っ直ぐに走らせるという目的のためにドライバーがすることは真逆です。
ただこれも低速なら可能でしょうが、高速になれば簡単なことではないというか、ほぼ無理でしょう。

あなたがすべきことは、無理やり車をコントロールすることではなく、真っ直ぐに走るように整備して貰うことです。


竹とんぼを竹と竹ひごで14本自作します。
組み上がったら飛ばしてみましょう。
どれも同じように高く真っ直ぐに飛ぶでしょうか?
14本それぞれに飛び方は違っている筈です。
偶然にきれいに高く真っ直ぐに飛ぶものもあるかもしれまん。

どれも真っ直ぐに高く飛ばすためには組み上げた後調整が必要になります。
左右の羽根の長さ・厚み・羽根の角度等ですね。
回転の中心軸となる竹ひごに対し羽根が左右対称で、重心の位置が回転の中心軸(竹ひご)と一致していないと、高く真っ直ぐに飛ばすことが出来ません。
結果を良くするためには組み上げた後に調整が必要なのです。


ヘッドスピード40m/sは時速にすると144km/hです。
ゴルフクラブは高速回転体です。
竹とんぼと同様に回転軸は固定されていません、空中を動いていきます。
それ故にに回転の中心軸と重心の位置にズレがあると、クラブヘッドは構えた位置と同じ位置には戻ってきません。
14本そのズレにも個体差があるので、戻る位置も様々です。
飛ばされるホールの軌道・打点・そしてクラブを持っている私たちが感じる打ちやすさ感もそれぞれです。

多くのゴルファーは結果としての球筋はスウィングにその原因があると思っています。
ハンドルがどちらかに取られる自動車を高速道路で真っ直ぐに走らせることには無理があります。
同じように回転時のバランスに個体差があるゴルフクラブで常にどのクラブでも一球で同じ球筋を打つことには無理があるのです。


自分に合った流れの良い仕様のクラブセットを手に入れ、
回転時のバランスを調整し、
良い構えを作る。
これが良いスウィング・良いショットをするためにすべき準備です。
これらをせずに全てをスウィングで解決しようとするには無理があります。

 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード