FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-09

フォロースルーやフィニッシュ

バックスイング、ダウンスウィングと来たら次はフォロースルー、フィニッシュの身体の使い方、と思われた方は残念でした。(笑)

フォロースルーやフィニッシュは結果であり、目的ではないのでクラブに任せて逆らわずに動いて行って、楽な姿勢で終われば良いだけです。

前回サッカーボールや枕を投げることを書きました。。
フォロー・フィニッシュを意識して投げる人はいません。
目的はそれではないのですから。
目標に投げたら後はその流れでフォロー・フィニッシュをすれば良いだけです。

ただフォロースルーやフィニッシュはスウィングの良し悪しの判断にはなります。
構え・バックスイングそしてダウンスウィングの結果が表れるのが、インパクトでありフォロースルーやフィニッシュです。

スウィング、特にダウンからフィニッシュは一瞬の出来事です。
プロの分解写真やスローな動画を見て、動きの中の一コマ一コマを一瞬の中で真似ることなど不可能です。
それをやろうとすれは瞬発力も落ちますし、再現性も高まりません。

インパクトエリアはクラブがしてくれる領域です。
インパクトエリアに入るまでに自分がするべき仕事を終わらせ、後はクラブに仕事をしてもらう。
良い構えと良いトップが出来れば後は打つだけです。
その結果良いインパクトが出来、良いフォローやフィニッシュも出来ます。

スウィングの目的はクラブでボールを打つことです。

ダウンスウィング

今回はダウンスウィングはどんな動きなのか、というお話です。

ゴルフの構えをとります。
クラブの代わりにサッカーボール位の大きさのボールか、なければクッションまたは枕を用意します。

ゴルフの構えをとり、クラブの代わりに両手でボールを両わきから持ち、ボールを投げるのですが、
投げる目標ははスウィングタイプで違ってきます。

ピン方向へ投げるタイプ、もう一つは地面のゴルフボールの方向へ投げるタイプです。
これは良し悪しの問題ではなく、スウィングタイプの違いです。

目標にボールを投げてみましょう。

このボール投げの動きを「難しい」という方はいません。
数回すれば誰もが良い動きをし、目標に投げられます。

より遠くへ(前者)、あるいはより強く目標にボールを投げようとすれば、身体のターンもそれなりに使うようになるでしょう。
腕・手の力感も感じ取ってみて下さい。
前回の記事でバックスイングの身体の動きを書きましたが、このボール投げでも動きは同じになります。
どう動かそうとか考えなくても、目的意識を持てばそう動かすことになるのです。

「ゴルフって難しい」と思う前に、別の似たような動きをやってみる。
動きそのものに難しさはありません。
後はボールや枕をクラブに持ち替え、慣れるだけです。

ただ構えだけは良いものをしっかり身につけて下さい。



スウィングタイプについて
スウィングタイプは一つではありません。
分類の仕方はいろいろあるかもしれませんが、今回はダウンでの目標から二つに分けました。
身体の使い方・力を出すタイミングも少し異なりますが、それも目的(目標)が違うから、違いが出てくるだけです。

バックスウィング

「ゴルフって難しい」
ドライビングレンジに居ると良くお客様から聞かされる言葉です。

ある程度の年齢になれば、歩く・走ることが無意識で出来るように、ゴルフのスウィングもそんなようなものです。

今回はバックスウィングでの身体の話です。

先ずは足を広げ真っ直ぐに立ちます。(前傾はとりません)
自分の真後ろに人が立っていると思って下さい。(実際に立ってもらえば尚良いですが)
その人の顔を右回りで振り向いて見て下さい。

何の問題もなく・何も考えずに出来ますよね。

胸はほぼ90度右を向き、スウェイもない筈ですし、右脚での受け・股関節での受けもしっかりと出来ている筈です。
左足はというと踵がやや浮き気味で、圧も右足に比べ随分と抜けてつま先に移動しています。
これがバックスウィングでの身体の動きです。

ゴルフのスウィングでは股関節から前傾をしてこれをします。
顔は真後ろに向けたのではボールを見失いますから、視野の中で見ていられる程度にします。
ただそれだけの違いです。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード