FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-10

再現性高いインパクト

「動き」の中で気になることはいくつかあります。
今回は「ボールを見すぎること」について書いてみます。

「ボールを良く見て」「ヘッドアップしないで」と言われ続けて
ゴルフを教わった方は少なくないでしょう。
でもこのことで無意識で出来る良い動きが出来ずに、
伸び悩んでいるゴルファーは多いのです。

顔の向きを変えずに「ボールを見すぎること」のデメリットと言えば
バックスウィング、フォロースルーでの身体のターンが抑制されることでしょう。
特に大きなデメリットはインパクトエリアでのターンが抑制されることです。

こうしたゴルファーはフォローで左肘が抜ける(後ろに引ける)ことはもちろんですが、
インパクトをゾーンで捉えられなくなり(インパクトは点になる)再現性が低下します。

プロや上級者のインパクト付近でのグリップの通過するラインは、
上下方向では少しですがアッパーになります。
  グリップを引き上げる方向に動きます。
    正面からの映像で、アドレスとインパクトの肩の傾きは
    インパクトの方がより傾きは大きくなります。
    その分グリップの位置も引き上げられています。
このことでインパクト付近のヘッドの動きは、単なる円弧ではなく
少しだけ直線に近いエリアが発生します。
インパクトが点ではなくゾーンになるのです。
  竹箒や長箒で地面を掃く時の柄の上の部分は上昇することで
  より長い距離を平らに掃くことができるのと一緒です。

このグリップの引き上げは左肩の上昇(ターン)で起きます。
ボールを見すぎているゴルファーはインパクトでの左肩のターンが少なくなります。
よってインパクトがゾーンになりにくく球筋の再現性が低下するのです。

この左肩とグリップの上昇の動きは、前傾姿勢がしっかりとられていないとシンクロしません。
背骨とシャフトを直角にして構えることが大前提です。
前傾の浅いゴルファーでは左肩のターンは単なる身体の開きになってしまいます。
たから前傾の浅いゴルファーは身体を開かずに、むしろ正面で身体の動きを止めることで、
点のインパクトを迎えようとするのです。
「身体を開かないで」「ボールを良く見て」「ヘッドアップしないで」は
前傾の浅いゴルファーの良い助言に成りえるのです。

前傾をしっかり取り、まずは振り幅の小さいアプローチショットで、
左肩、グリップがややアッパーの軌道でインパクトを迎える練習をされれば、
薄く長いターフが取れる再現性の高いインパクトを体感できるのではないでしょうか。

    前傾がしっかり取れれば自然と出来る動きとも言えるのですが…。
    動きは先ずは構えで作られるのですね。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード