FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-10

忘れましょう

やらない方が良い練習の次は忘れたほうが良いアドバイスです。

筆頭は何と言っても、「ヘッドアップするな、ボールを良く見て」でしょう。

ボールを見ないで打っている人はいません。
ヘッドアップしている人も殆どいません。
でもミスショットの原因の全てがこれにあるように言う人もいます。

アドバイスを真に受け顔をボールの方に向けたままスウィングしています。
打った後までボールの有った所を見続けています。
凄く窮屈でぎこちないスウィングですね。

こうしたことで起きる良くないこと、それはバックスウィングでもフォローでもターンが不十分になることです。
身体のターンが使えない分、腕力に頼ったスウィングになります。
フェースターンもオートマチックに起きませんから、こちらも手に頼るようになります。
パワーも再現性も高める事は出来ません。

動かさない(ずらさない)のは両腕が付いている両肩の中心、首根っこです。
頭(顔)は回ってもボールは視野の中で見ていられますし、バックスウィングでは少し右に動いていくのが自然です。
インパクトからフォローでも顔を残しておくと、左肩のターンが不十分になり、左腕が詰まって左肘が曲がります。
その結果グリップエンドの引き上げが出来なくなりフェースターンも起き難くなります。
ボールを打ったら自然に目標方向を見ましょう。
ボールを打った後もボールが有った所を見続けている練習を繰り返していると頚椎捻挫することもあります。

頭を抑えられてのショットも、バックスウィングで左サイドの落ち、ダウンで右サイドの落ちが起きやすくなります。
俗に言うギッタンバッコンのスウィングです。

首根っこの軸をずらさない為には、強く早い連続素振りを数回繰り返すことをすれば良いでしょう。
軸をずらしていたら強く早い連続素振りは出来ませんから、自然と矯正されます。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード