FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2018-10

インパクトに向かって強く打つ

回転時のバランスを調整してあるクラブをお使いのゴルファーは
「インパクトに向かって強く打つ」ことです。

インパクトに向かって」打ち終える。
ボールを置いて構えをとります。
クラブの変わりにサッカーボールほどの大きさのボールを持つか、持っているイメージで、
テイクバックをとりゴルフボール目掛けてそのボールを投げます。
ゴルフスウィングのインパクトエリア以前にボールを放さなければゴルフボールに当てる事は出来ません。
力を入れるポイントは切り返し直後です。
投げ終わったらその動きの流れでフィニッシュします。

回転時のバランスが適切であればインパクトはクラブの自由回転で、打点もフェースの向きも良い状態に戻ります。

強く打つ
強く打とうとすれば人間の身体は無意識で大きな筋肉を使います
フットワークも自然に起きます。
「強く」はインパクトでではありません、インパクトに向かってです。
結果クラブがインパクトで強く打ってくれます。
強く打つことでスウィングを作り上げれば、軽く打つ時もバランスの良いスウィングになります。


回転時のバランスが悪いクラブを使われているゴルファーは、インパクトをクラブの自由回転に任せるとそのクラブの悪い癖がはっきり出ます。
そして番手によってその癖も違うので、同じような球筋を打つためには個体差を抑え付けるインパクトが必要になります。
身体にも負担が掛かります。
高速回転しているクラブのインパクトを、癖の違うどの番手でも同じようにする事は至難の業です。
だからゴルフは難しくなります。

 | HOME | 

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード