FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-11

リストターン・フェースターン

ドライビングレンジにいると結構見かけるのが、インパクトエリアでのフェースターンの練習です。
小さな動きでインパクトエリアの練習をする、大切なことなのですが、少々違和感を覚えるのです。
何に違和感を覚えるかというと、上半身を余り動かさずに腕・クラブを横に振って力ずくでフェースターンを行っている動きです。

ゴルフのスウィングは身体の左右のターンと腕の斜め縦の動きから出来ています。
身体のターンをせずに腕を横に振る動きはないのです。
クラブ・腕を横に振っているように見えるのは身体のターンがあるからです。
インパクトエリアでのフェースターンの動きを練習するにしても、振り幅に見合うターンは必要です。

フェースターンを起こさせているものの一つが、適度なハンドダウンに依るヘッドと手の軌道の軌道差です。
手の軌道面はヘッドの軌道面よりアップライトであり、ヘッドの軌道面のように円を描くのではなく、上辺が広がったV字のような軌道を描きます。
この軌道の違いがフェースターンをオートマチックに作ってくれるのです。

ダウンスウィング初期に振り出す面はクラブも手も同一面ですが、構えでバンドダウンしているために途中から手は身体に近づきます。
ヘッドの軌道と違い、よりアップライトでアウトサイド・インの軌道を描くことになるのです。
この軌道に手を引き入れられれば(引き入れないと当たらない)フェースターンは自動で起きます。
力ずくでする必要はありません。
フェースターンを力ずくでのリストターンで行うと再現性は低くなります。
時速百数十kmで動いているヘッドのインパクトを自分意志でコントロールし再現性を高めるなど神業としか思えません。


スウィングの中で自分がすることは、バックスウィングの前半、つまり前傾の中で右を向きクラブを振り上げること。
そしてダウンスウィングの前半、右を向いた身体を戻すことと、インパクトに向かってヘッドを振ることです。

バックスウィングでは右肘の曲がりが腕の右ロールを発生させます。
結果フェースは開いて行きます。
トップにヘッドが辿り着く前に身体は左回転を始めますからクラブの慣性で更にフェースは開きます
それに輪をかけてフェースを開かせるのが、ヘッドの重心位置がシャフトの軸心より右側にあるというクラブの構造です。

リストターンでフェースターンをさせるのであれば、ダウンの初期つまり切り返し直後に腕の左ロールを少しだけ入れてやれば良いのです。
コックが溜まっている状態でです。
腕を横に振るイメージのゴルファーは、インパクト前後で180度のリストターンが必要になります。
腕を斜め縦に振るイメージのゴルファーは、切り返し直後に少しだけ腕の左ロールを入れてやれば良いのです

インパクトエリアで腕の横振りでフェースターンさせるのではなく、ダウン初期に腕の斜め縦振りの中で腕のロール戻しを終える
そしてインパクトエリアはクラブの動きに任せる
最小限の動きで高い再現性を得ることができます。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード