FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-11

グリップ

初心者、その中でも特に女性に多いのが次のような構えです。
腰を落とし・膝を前に大きく曲げ・上体の前傾が少ない。

この構えでクラブを握ると手の位置は高くなるので、両手とも下からグリップを持つようになります。
ハンドアップの構えです。
左手はウィーク・右手はストロング。
このグリップで腕を斜め縦に振り、正しくコックすることは無理なので、当然のように腕は横振り。
パッティングの構えでフルショットをしている、そんな印象です。

正しいグリップをするために大事な要素の一つは、グリップエンドをどこに置くかです。
グリップエンドの高さと左右の位置です。

ソールは全面接地(平らに置く)させるものだと思っているゴルファーは多くいます。
全面接地させてしまうと、当然グリップエンドは高い位置になります。
下から握るようになるので正しいグリップが出来ません。
トー側を上げてソールすればグリップエンドは下がりますから、正しいグリップがしやすくなります

グリップエンドを身体の中央にしてグリップすると、正面から見たときに左腕とシャフトが「く」の字になります。
これも左手の握りがウィークになる要因です。
この「く」の字のままインパクトを迎えたのでは身体の力をヘッドに伝えることは出来ません。
インパクトは左腕とシャフトは正面から見て一直線です。
構えが「く」の字でインパクトが一直線だとフェースは開きます。
スライスです。

構えでインパクトを作っておく。
左腕とシャフトが正面から見たときに一直線にしておけば、余計な動作を入れずに良いインパクトが出来ます。

グリップエンドをどこに置いて握るのか。
昔から言われているように「グリップはあなたのスウィングをも握っている」のです。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード