FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-11

左手グリップ

グリップを強く握る過ぎることで起きるゴルフ障害と言えば、ばね指・腱鞘炎・ゴルフ肘などです。
身体にやさしく、かつ良いショットをいつも打つために大切なグリップでのことを書いてみます。

必要最低限の力で握る
グリップは太さがテーパー状になっていて、グリップエンドが一番太くなっています。
軽く握っても抜けない構造になっています。

それでもグリップに力が入り過ぎてしまう、それは握り方に問題があります。
力を入れなくてもクラブを持っていられる握り方、それは簡単に言えば骨で持つことです。

クラブを握ったらヘッドを少し浮かし、右手を放し左手だけグリップして、更に人差し指だけを残し残り4本の指もグリップから放してみて下さい。
手首の角度が変わったりせずにクラブを浮かせて持てていますか?

これが出来ない人は左手のグリップがウィークです。
左掌の手首側の膨らみがグリップの真上に乗っていれば、人差し指とこの膨らみでクラブを持っていられます。

grip-1.jpg


骨で左手の中に支点と力点を作っていると言っても良いでしょう。
支点と力点が作れないとそれを力で補うため必要以上に強く握ることになります。

この握り方が出来れば左手の甲はやや右回りになります。
左手親指の位置は真上よりやや右側になります。
この位置は腕を斜め縦に上げコックをする方向と合って来ますし、左親指でヘッド重量を受けるのにも適しています。
左腕とシャフトの角度もいつも同じように構えられ、バンドアップの構えにもなりません

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード