FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-11

右手グリップ

柱でも壁でも動かないものにリーディングエッジを合わせ構えをとります。
左手を放し右手一本で持ち身体全体の力を使ってヘッドで押してみて下さい。

フェースの向きが保てて、身体の力を柱や壁に伝えられますか?
伝えられないという人は右手の握る向きを変えていろいろ試してみて下さい。

どの向きで握った時にフェース向きを変えずに身体の力を伝えやすかったですか?

右手グリップの位置は左手のグリップ位置より細くなっています。
故に右手は左手よりは指側で握るのが握りやすいです。
身体の力をヘッドに伝えようとした時に、圧力を強く感じるのは人差し指の一番掌に近い骨(基節骨)です。
この骨が押す方向に直角になっているのが、フェースの向きを変えずに力を伝えやすい右手のグリップです。

更にこの基節骨はダウンスウィングでのロール戻しにも一役買っています
バックスウィングでの右ロールでクラブの重さをこの基節骨でも感じています。
基節骨で押し返すことでロール戻しが簡単に出来るのです。

左手グリップも右手グリップも骨が重要な役割を担っています。
正しくグリップの骨(こつ)ですか。(笑)

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード