FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-08

動きの制限

ベンチに腰掛けて、クラブを持たずに胸の前で腕組みしてテイクバックの上半身の動きをしてみます。
背骨には関節がないので少ししか右は向けません。

次にクラブを持ってすると、胸は右を向けないものの一応トップの真似事は出来ます。
これは肩甲骨・肩・肘・腕のロールなどの動きで起きるものです。
構えた位置よりヘッドは大きく開いて上半身より右へずれます。
こうした胸が右を向かないトップからボールを打てば、身体の開きが早くなりスライスが出やすくなります。
すると身体の動きを止めて腕でヘッドを振る動きになって行きます。

次に回転する椅子の後ろ側に腰掛け、腕組みして椅子も骨盤で右回転させながらテイクバックをスタートさせれば、楽に右を向けます。
クラブを持って同様のことをしてみると、ヘッドの位置のズレや開きが少なくなることを感じ取れると思います。

身体には動きに制限があります。
骨盤を動かさずに胸を右に向けることは出来ません。
テイクバックの右ターンは、右膝を軸にした右大腿部の少しの右回りの回転と、右股関節を軸にした骨盤の右ターンがあるから上半身が右を向けるのです。

顔の向きも同様で、正面に向けたままよりは少し右に回転(チンバック)した方が楽に右を向けます。
bs.jpg


 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード