FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-10

やさしく長く

回転時のバランス調整がされているクラブセットを使っているゴルファーにおいては、
インパクトエリアをクラブの自由回転に任せた方が再現性が上がりますし、球筋もセットで揃います。

回転時のバランス調整がされていないゴルファーにおいては、
その番手での再現性はインパクトエリアをクラブの自由回転に任せた方が上がりますが、
セットで考えた場合は球筋は揃いませんので、結局インパクトエリアを自分で作った方が球筋は揃います。

狙いを定めて発射すればどの番手でも正確に的に当たるクラブと、
発射した後も当たるまで軌道修正(フェース面修正)しなければならないクラブとでは、
どちらが簡単かは想像がつくと思います。

軌道修正(フェース面修正)を行うためにはそれなりの腕力が必要になります。
ゴルフを始めたその日から回転時のバランス調整がされているクラブセットを使う機会に恵まれるゴルファーは、
ほぼ皆無ですから、自らが軌道修正する技を無意識で身体が覚えていくのです。
結果が不揃いでは満足できませんから。


インパクトでの力任せは思わぬ障害にも見舞われます。
特に練習熱心で多くのボールを打つゴルファーに付いてまわります。
ばね指・腱鞘炎・ゴルフ肘……。

インパクトでの衝撃力は1トン前後と言われています。
インパクトで強く握ったり手首を返したりすれば、その衝撃力をより身体で受け止めることになります。
その結果ゴルフ障害です。
どの部位にしても身体を痛めるのはスウィングに無理があると思うべきでしょう。

身体にもやさしく・長くゴルフを楽しむためにも、
余計な事をしなくても済む道具と構えが必要です。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード