FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-10

ゴルフ障害

ゴルフ障害を抱える人には共通点があるように思います。
私は医者ではないので、専門的なことは分かりませんが…。
40数年練習場に居て、クラブの組み立て・調整・修理をし、レッスンもしての話です。

〇ばね指
必要以上に強くグリップを握る
クラブのグリップはエンドが太くなるテーパーの形状になっています。
軽く握っても簡単には抜けません。
ルーズはいけませんが密着させて軽く握ることが予防になります。

〇腱鞘炎
インパクトでフェース面をスクエアにしようと強く握る
インパクトの衝撃がより手首に来ますので起きやすくなります。

インパクト前後を力でリストターンをする
一番ヘッドスピードが出る瞬間にリストターンを行えばそれだけ手首への負担も増えます。

正しいグリップをしていない
正しいコックが出来る方向に握りが出来ていないと、これも手首により負担が掛かることになります。

ハンドアップの構えも、腕の上げ下げが強調され、より上から打ち込むことになり負担が増えます。

〇左腕のゴルフ肘
インパクトでフェース面をスクエアにしようと強く握ったり、インパクトで左腕を力で伸ばそうとする
腕に力が入るとより肘への衝撃が来ます。

〇右腕のゴルフ肘
力で右肘を伸ばしインパクトしようとする
腕に力が入るとより肘への衝撃が来ます。

要は力尽くで無理をしたスウィングをしてるということです。

その原因はクラブと構えにあります。

〇クラブ
クラブは回転時のバランス調整はしてありません。
よってクラブの動きに個体差があります。
インパクトでフェースの向き・位置は同じにはならないのです。
だからそれを力尽くで同じインパクトにしようとします。
どの番手でも同じ球筋にしようとすればそうならざる得ないのです。
回転時のバランス調整をセットでして使うことが先ずは必要です。

〇構え
ハンドアップの構えはウィークグリップを生みます。
またインパクトエリアでのフェースターンも自動で起きにくくなります。
ヘッドスピードも落ちます。
身体のターンする力を腕の振り・クラブの振りに利用できにくくなります。
腕の上げ下げに頼ったスウィングになりやすくなります。


良いクラブと良い構えが身体にもやさしい、ということですね。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード