FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-11

ボールを打つということ

ゴルフのスウィング、特にダウンスイングでの身体の動きについて事細かに分割し一部を意識して練習することは、良い結果に繋がらないと私は思っています。

例を挙げれば

「ダウンスウィングでのタメ」
ダウンスウィングで右ひじを絞り込むことでタメを作る。
これは意識して絞り込むのではなく、結果として絞り込まれるものです。
トップへクラブが上がって行く、大きな力を出そうとすれば無意識で足元から動き出し左ターンが始まります。
そうした動きで結果右ひじがより畳まれタメが出来ます。
一瞬のダウンスウィングで意識してタメようとすればヘッドが遅れリリースが間に合わずスライスが出るのは当たり前です。

「インパクトエリアでのフェースターン」
良い構え、適度な前傾・ハンドダウンの構えが出来ていれば、手の軌道とヘッドの軌道の違いから勝手にフェースターンは起きてしまいます。
勝手に起きることを意識してインパクトの瞬間に力づくでしようとすれば、ダウンスイングはコンマ数秒の世界ですから、トップからリストターンすることを意識しなければ間に合いません。
手や腕に力が入ります。
その結果、足元から順序良く動き出す自然な動きが阻害され末端から動かすことになり、大きな力も出せずタメも出来ず、アウトサイドインの軌道で振ることになります。
インパクトの瞬間に力づくですることは再現性も低くなります。

「フォロースルーで左ひじの畳み」
「大きなフォロースルー」
「数秒間静止していられるフィニッシュ」
これも自動でそうなることであって、自分で意識して行うことではありません。
スウィングの目的はクラブでボールを打つことです。
打った後を自分で作ることを目的にすれば、打つという行為が疎かになります。
フォローやフィニッシュはスウィングの良し悪しを判断するバロメーターにはなりますが、それをすることが目的ではありません。

他にもありますが代表的なのを幾つか例に挙げました、。


ダウンスイングの一コマ一コマの形は、良いスウィングでは「そうなっていた」という、後付けでしかありません。
道具を使って物を打つ動きは、自分の中に既にプログラミングされています。
それを引き出すのが良い構えです。
良い構えが出来れば後はクラブで強くボールを打つ(叩く)ことを思えば、オートマチックに良いスウィングが出来てしまいます。

どの番手でも良いショットを同じスウィングで打ちたいのであれば、全ての番手で回転時のバランスを調整してあげれば良いのです。
優先順位としてはこちらが先ですが。

同じスウィングをさせてもらえない回転時のバランスに個体差のある14本のクラブで、良い構えをとらず、ボールを打つということを忘れ、一瞬の身体の動きに気を取られていては、「ゴルフって難しい」から抜け出ることは出来ないでしょう。
ゴルフはもっとやさしく出来るのに。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード