FC2ブログ

GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2019-11

腕の振り出し方

ダウンスウィングでの腕の振りで大事なことの一つが身体の動きと腕の振りとを
シンクロさせることだと思います。
トップから腕を腕の力で振り出すと詰まったインパクトになってしまいます。
また身体ばかりターンさせて腕が振り遅れても掴まったボールは打てません。
下半身・胸・腕・クラブをいかにシンクロさせて振るかが大事なことです。

以前にアドレスでの腕(左)と胸のリンクについてお話しました。
左脇を締める=左上腕を左胸に乗せる でした。
左上腕を左胸に乗せた状態はトップでも続いています。
右肘がアドレスの状態より曲がるので乗る位置は少しだけ上になります。
(肘は一方向にしか曲がらない関節です、アドレスではお腹の方に向けておきます。)
手のポジションは、右肘が曲がることで右前腕が立ち上がり
その分手の位置は胸に対して高くはなりますが右肩の前方という位置は
変わりありません。
アドレスから胸を右に前傾の中で向けたことで自然にこのトップの位置が
出来上がります。

  力んで腕でトップを作るとこのリンクが上手く出来ません。
  バックスウィングの最後はクラブの慣性で作られるくらいの気持ちでフワッと
  作ることでしょう。
  前傾が浅くハンドアップしている人は腕の振り上げでトップを
  作るようになるので左上腕が左胸に乗らなくなります。

右脛の位置は変わらず左足の圧力を抜き右足の圧力は最大になります。
右膝を中心に上体が右回りした状態です。

左足の圧力を抜いたことで次の瞬間には左への踏み込み(踏み変え)が
自動的に始まります。
右膝の上での上体の右へのターンは腰の位置を少しだけ左(飛行線方向)へ
移動させるので(逆くの字)、左足の圧力を抜くこととの相乗効果で
左への踏み込みが自動で起きてしまいます。

  体重移動ということで重心を右に移動させてしまうと
  この踏み込みは起きてきません。

左足の踏み込みで左腰も左へ少し移動しながら左へターンし始めます。
腰のターンで上体が捻られ肩(胸)も回転を始めます。
この時左上腕は左胸に乗っているので腕が胸に押され振り出されます。
左胸が支点、左肩が力点になる逆てこが作用します。
腕の振りはシャフトを接線方向に引くことになります。

  前傾が浅く腕で振り上げた場合はダウンでも腕で振り下ろさないと
  辻褄が合わなくなるので身体とのリンクも難しくなりますし、
  肩のターンする力を腕の振りに生かせなくなります。

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード