GOLF BLOG 「WELL OUT」

ゴルフはもっとやさしくできる

2018-05

思いと現実

早い段階から回転時のバランスの整ったクラブセットを使ってゴルフを始めたゴルファー。
ある程度ゴルフをやってからそうしたクラブに巡りあってゴルフをしているゴルファー。
生涯そうしたクラブに巡り合わずにゴルフを続けているゴルファー。

ゴルフ人生、人それぞれです。

圧倒的に短期間で無理・無駄のないスウィングが身に付くのは、早い段階でバランスの整ったクラブを使っているゴルファーです。
個人差はありますが3ヵ月から半年で良いスウィングが身に付きます。

「ゴルフは道具6割、構え3割、スウィングは残りの1割」と私は言っています。
これは40年ドライビングレンジに居て、クラブの調整をし、レッスンもし、多くのゴルファーを見続けてきての実感です。

機会あるごとに道具と構えの大切さをお話させて頂いていますが、現実は思いとはかけ離れた所にあります。
「良いクラブが良いスウィングをつくる」昔からある言葉ですが、もう一つ付け加えるなら「良いクラブと良い構えが良いスウィングをつくる」でしょうか。

パッティング練習

バックスウィングを取らないバッティングの練習方法を記しておきます。
自宅の練習マットでの方法です。
一般的なマットの半分の距離から始めて下さい。

打ち出したい方向に直角にパターフェースを合わせます
パターフェースの合わせ方は、目標からボールに向かって直線をイメージし、それに対し直角にフェースを合わせます。
目標からボールに向かってというのが大事です。

バックスウィングを全く取らずにフォロースルーだけでカップインさせます。
フェースは目標に直角に合わせてありますから、次はフォロースルーの出し方が大事になります。
パッティングはワンレバーのスウィングですから、クラブ・腕・胸を一体にストロークします。
軸は首根っこです。
(鈴木愛プロが棒を腕と胸の間に挟んで練習していましたが、参考になりますね。)
フェースが目標に直角に合っていてもライン上にボールを打ち出せない場合は、このストロークの仕方が間違っています。
どうしたらラインにボールが出せるか、動かし方をこのストロークで練習します。
ライン上にボールを出せるようになったら、その時のフィニッシュを覚えておいて下さい。

次はほんの少しだけバックスウィングをとり、先ほどのフィニッシュまでストロークします。
そして徐々にバックスウィングを大きくしていきます。
最終的にはバックスウィングとフォロースルーの比率は1:1.5程度になるようにします。
(小さいフォロースルーはインパクトで余計な力が入りフェースの向きが狂いやすい)

通常の練習マットなら最長の距離でもバックスウィングなしでもカップインさせられます。
練習して見て下さい。

ラウンドでのパッティングでは、バックスウィングを取らないとペナルティになります。
これはあくまで練習方法です。

パッティング

コースで打つ方向に対する補助になるような行為はルールで禁止されています。
キャディがプレーヤーの構えの向きをチェックする行為も現在は認められていますが、次のルール改正では禁止になりそうです。

で、疑問に思っているのがボールにラインを入れてそれを目標に合わせる行為です。
これも当然ラインへの補助になると私は思うのですが、何故にこれは認められているのでしょう?

さて、
昨日のテレビ番組に鈴木愛プロが出ていました。
パッティングでバックスウィングを取らない練習方法はこのブログでも何度か取り上げました。
私はテレビのゴルフ番組でゲーリー・ワイレン博士がこの練習方法を紹介していたのを随分昔に観たのです。
効果抜群なのでパットに悩んでいるゴルファーにはお薦めの練習方法として紹介してきました。
パッティングが上手な鈴木愛プロがこの練習方法をやっていることでまた注目を集めているようです。

ただ昨日の番組で気になったことが一つありました。
転がりの良いストロークをすることが、ボールに入っているラインが綺麗に直線を描いて転がっていくような説明でした。
それは私は違うと思っています。
一番重要な事は、ボールに入れた直線に対してパターのフェースを直角にインパクトすることです。
そうすればラインは直線を描いて転がっていきます。
どんなにストロークがスムースであってもボールに対して直角にインパクトしなければ線は乱れます。
その為の練習がテイクバックを取らない練習方法です。

そしてもう一つ重要な事は回転時のバランスの良いパターを手にすることです。
回転時のバランスの良し悪しでインパクトのフェースの向きは変わってくるからです。
パッティングの上手・下手、もちろん練習もありますが、一番は良いパターを使うことです。
プロは多くのパターの中から回転時のバランスの良いものを選んでいる筈です。

力(りき)み

「そんなに力まないで軽く打てば良いのに」
良い結果が出ないゴルファーへのアドバイスで良く耳にします。
では軽く打ったら本当に良い結果が出るのでしょうか。

軽く打てば飛距離は落ちます。
飛距離が落ちれば当然曲がりは少なくはなりますが、でもそれは目指す姿ではないはずです。

切れ味が良い鋸と悪い鋸があります。
仕様は全く同じものです。
切れ味の良い鋸では必要最小限の力で切れますし良い結果も出ます。
これが切れ味が悪い鋸ではというと、切れないから必要以上に力を入れなければいけない。
力を入れたにも拘らず良い結果は出ません。

クラブには回転時のバランスに固体差があります。
バランスが良いクラブはスムースに回転していくし構えた位置にヘッドが戻ります。
だから必要最小限の力で良い結果が出ます。
力を入れればそれだけ飛距離という結果にも繋がります。
バランスが悪いとスウィングがギクシャクするし、構えた状態にはヘッドは戻りません。
クラブにコントロールされているスウィングを・インパクトを、力ずくでコントロールしなけばなりません。
力みです。
でもそうしないと良い結果に繋がらないのですから。

力でコントロールする、身体にも負担が掛かります。
腱鞘炎・ゴルフ肘などのゴルフ障害にも繋がります。

「前のドライバーはマン振りするとどこへ飛んでいくか分からなかったけど、作ってもらった今度のクラブは曲がりが少ないです。」
回転時のバランスを調整したドライバーを手にしたお客様の声です。
飛んで(飛ばせて)曲がらないクラブ、それが目指すところではないですか。

力まずに力強くスムースに打てて狙った場所にボールを飛ばせる、
それには先ず力まずにスウィング出来る道具を手にすることです。

三兄弟

トリオ

ダイナミックゴールドの三兄弟
120、105、95のS200の試打クラブを今朝調整しました。

DG S200よりDG-120 S200は重量で11グラム軽くなっています。
体感では重量差以上に軽さを感じます。
バランスポイントが違うのかも知れません。
(チップ側の重さ感が以前のほど感じません。
この辺は好みが別れるところかもしれません。)
軽い分振りやすさ感はあります。
プロのスウィング傾向の変化で、重さも今風なのでしょう。
DGが重くなってきたと感じているゴルファーは、105まで軽くしなくても120でも十分軽さを感じられるのではないでしょうか。

105は中元調子、他は元調子。
120と105は重さの違いだけ、105は感覚も違います。
末っ子らしいですね。


« Back  | HOME |  Next »

FC2Ad

FC2カウンター

プロフィール

duffer_ksan

Author:duffer_ksan
ようこそ!
GOLF BLOG 「WELL OUT」 へ
ゴルフに関わって40年
日々感じていることを綴っています。
ゴルフはもっと易しく出来る。

ドライビングレンジ&リペアルーム:
平ゴルフセンター
PHOTO BLOG :いのちの風光

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード